FC2ブログ

wiggle再び ~Carradice 3兄弟~

2012年8月29日(水)


ROYAL MAIL
ROYAL MAIL


それは1ケ月以上前の事である
今はもう何か遠い眼をしながら思い出さねばならないのだが

ある海外便

が私の家に届いたのだよ

見れば差出人はあのwiggleであった


[wiggle再び ~Carradice 3兄弟~]の続きを読む
スポンサーサイト



キャラダイス顛末記 (その2:なぜかアタッチメントも2つ)

2011年9月2日(金)


Carradice Bagman Sport Quick Release
Carradice Bagman Sport Quick Release


今回wiggleを初利用していきなり「商品の誤配」という、貴重な体験をした
ある意味

すごい確率

であるな

まぁ、誰にでも間違いはあるもので
最終的にちゃんとした商品を手にできれば良いのであるが
それでも返品処理は面倒くさい

返品の一番の問題は送り返しの国際郵便であった
なんせ

国際郵便なんか利用したことがない

どれくらいの郵送料がかかるかドキドキしたのであるよ

調べたらエコノミー航空(SAL)便という
「日本国内と到着国内では船便として扱い、両国間は航空輸送する、船便より速く、航空便より安いサービス」があったので
最初はそれで送ろうと思ったのだが、実際に郵便局で聞いたら、
私の場合はSALだと3,850円となり、国際スピード郵便(EMS)だと3,250円
なんとEMSの方が安かったのである

ちなみにEMSは
「国際郵便の中で最優先に取り扱い、2~4日程度で各国のお客さまにお届けします」
というVIPの郵便である
(良く聞けばSALだと半月から下手するとひと月くらいかかるという)

なぜスピードが早いほうが安いのかは

世界七不思議のひとつ

であるが、どうも重さの分類がSALとEMSでは違うので
たまたま料金逆転したゾーンの重さに該当したらしい
教えてくれた郵便局員に感謝である

まぁ、結局wiggleが後で郵便代は返金してくれるので
一番早い便で送り返すのが良いと学習したのであるがな・・・

そして今、私の手元に2つのバッグがあったと言う事は
同時に注文したアタッチメント

当然2つあるのだ

以前に書いたが
Carradice Bagman Sport Quick Release Saddle Bag Support」と
Carradice SQR Saddle Bag Uplift System」である

[キャラダイス顛末記 (その2:なぜかアタッチメントも2つ)]の続きを読む

キャラダイス顛末記 (その1:遂にバッグがやってきた)

2011年8月29日(月)


Carradice NELSON ENGLAND
Carradice NELSON ENGLAND


S計画の中でwiggleからサドルバッグの注文が誤って配送された話を書いたが
その後どうなったかを書こうと思う

私としては、すぐに英国国際電話を掛けて担当者を呼び出し

あなたは私の信頼を裏切った、この落とし前はどうしてくれるんだ

ビシッと言ってやりたいところだったが、
残念な事に私は英語が少々苦手だったのだよ

命拾いしたなwiggle

幸いな事にwiggleのサイトには返品用のフォームがあったので
結局そこから返品処理をした

ちなみに一応英語で入力したが良いと書いてあったが、
風の噂ではwiggleには日本人対応スタッフがいるとのことだったので
それを信じる事にしたのである
(というか日本語でしかクレームはうまく書けないな)

そしてその後もなかなか商品の納期が決まらなくてヤキモキしたが
ついにバッグがやって来たのであるよ

[キャラダイス顛末記 (その1:遂にバッグがやってきた)]の続きを読む

SはサドルバッグのS ~S計画(wiggle編)~

2011年7月26日(火)


wiggleからのラブレター
wiggleからのラブレター


私は普段のフォタにはリュックを背負って出掛けている

日帰りのフォタならカメラと交換レンズをリュックに入れても問題ないのだが
泊りがけの旅となるとカメラ以外もそれなりに荷物が増えるのは必然である
問題はその増えた荷物をどうやって運ぶかであった

ゆるポタさんから

荷物はなるべく自転車に背負わせた方が良い

とアドバイスを貰ったので、今回はサドルバッグを用意する事にしたのであるよ

[SはサドルバッグのS ~S計画(wiggle編)~]の続きを読む

遠出の準備(サドルバッグ編)

2009年9月29日(火)

遠出に必須という訳ではないのだが
あれば便利なのがサドルバッグである

よくミニベロオーナーのブログなどを見ることが多いのだが
皆さんとてもオシャレなサドルバッグを付けておられる

自分も欲しい

で、予備チューブと一緒に買っちゃったのだ

ネットショップのメニューから
形と値段のバランスを考えて購入したのは
cycledesign TOOL BAG」である

色は最後までダークブラウンにするかブラックにするか悩んだのだが
今回はブラックにした


cycledesign TOOL BAG
cycledesign TOOL BAG


このバッグのセールストークをコピーすると
・自然への回帰、天然素材の復活! 本格派のために本皮製品が登場しました
・使い込むほど風合が増していく本皮(牛皮革)で作られたバッグ
・最高品質の素材がベテラン職人によって手作りされ、トータルコーディネーションが楽しめます
・自転車に限らず、ショルダーバッグポシェットとして日常的に使用できます
・サイズ:170×65×80mm

本皮にしては安価だったのだが
その理由は到着してみてすぐに理解できた

とても小さい

一応、サイズは明記してあったので
実際に確認しなかった私の完全ミスである(^^;

さらに、ポシェットとして使用するためか
ストラップが付いているのだが

色の組み合わせおかしいだろう


完全に浮いているストラップの色
完全に浮いているストラップの色


見た目はベルト留めだが実際にはボタン留めなので
開閉は容易である


ボタン留め
ボタン留め


先にも書いたがサイズはとても小さいので容量は少ない

なんとか、予備チューブ、タイヤレバー、携帯ツール、鍵が入る
無理すれば、これにライトの予備バッテリーケースも入るが
パンパンになってしまう

まぁ、必要最低限のものは入ったのでよしとするか・・・


容量は少ない
容量は少ない


このザドルバッグが悪い訳ではないが
サドル側にサドルバックループが付いていないので
サドルレールに直接マジックテープで付けることになる

特にスポーツタイプのサドルなので
レール幅が細く大変窮屈だ


マジックテープ部は斜めになる
マジックテープ部は斜めになる


本当は後付けのサドルバックループがあるようなのだが
このネットショップでは扱っていなかった

また機会があれば探してみよう

で、なんだかんだで、遠出の準備は完了
あとは晴れた休日を待つだけだな

山陰は天気が一番むずかしかったりして・・・



最新記事