良い子のワンバーナークッキング(第1品:うめ鮭チャーハン編)

2011年12月21日(水)


うめ鮭チャーハン
うめ鮭チャーハン


これぞ男のロマン!!!」と、大ミエをきってスタートした割には

プロローグのまま早2ケ月が経過

PCトラブルがあったにせよ、これではあんまりだと無理やり年内に入れる事にした
良い子のワンバーナークッキング」シリーズ

まぁまだシリーズというほど書いてはいない
(今回が1回目だし)
ネタ的には溜まっているので、これからもたまに

箸置きのネタ

として使っていきたいと思うのであった

で最初はお約束の「チャーハン」である
なぜお約束かといえば、私が学生の頃、喫茶店でアルバイトをした時に

最初に習ったのがチャーハン

であるからだ

当時のお店では実は「ピラフ」とメニューに載っていたものだが
大人になってから「ピラフ」は炊くもの「チャーハン」は炒めるものと知ったので
作り方からチャーハンとして紹介する(笑)

[良い子のワンバーナークッキング(第1品:うめ鮭チャーハン編)]の続きを読む
スポンサーサイト

良い子のワンバーナークッキング(プロローグ編)

2011年10月26日(水)


良い子のバイブル
良い子のバイブル


一年以上前の事であるが、一人の男がある夏の日に渚で思ひ出を作ったのであったよ
そしてその男はその直後に「あるバイブル」を手に入れたのである

そのバイブルの名は「シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング」といった
そして、そのバイブルは最初に優しくこう諭したのである

好きな場所で食べる世界にひとつだけの料理

あぁ、なんという甘美な響きであろうか

これぞ命の洗濯!
これぞ最大の贅沢!!
これぞ男のロマン!!!


その時から密かにこの計画は発動していたのであったよ

[良い子のワンバーナークッキング(プロローグ編)]の続きを読む

一人旅の強い味方

2009年12月10日(木)

ミニベロを手に入れた時から、密かに計画はしていたのだが
先立つ物との相談で延び延びになっていた
ある物」を手に入れたのだよ

その「ある物」とは一人旅の強い味方

ソロクッカーセット

である


ソロクッカーセットの勇姿
ソロクッカーセットの勇姿


見知らぬ風景を訪ねて行くフォタリング
私にとってまさに冒険である

そして、昔から冒険には自炊が付きものなのだゾ!!

と言うと、きっと嫁さんは「この人何言い出すの?」と心配して
私のオデコに手を当てるかもしれない

まぁ、理解出来なくとも、しかたがない
ある意味、一人旅での自炊は

男のロマンなのだよ(笑)

家族でオートキャンプなどをする時は、ツーバーナーのコンロ
フライパン、ナベがセットになったクッカーを用意するのだが
さすがに自転車で運搬はする気になれない

いかにもという重装備で出かけるのも、それはそれで楽しいものであるが、
かなり気合いを入れなければならないので、手軽には出来ないな(^^;

ミニベロを手に入れ、フォタリングという楽しみを見つけた私にとって
気軽に出掛けられるというのは重要なファクター

そのため、器具の重量は軽いほうが良いし、サイズもコンパンクトな物がありがたい
そんな我儘な要望に答えてくれるのがシングルバーナー&ソロクッカーなのだよ

まずシングルバーナーであるが、
今回手に入れたのはPRIMUS(プリムス) というメーカーの
ウルトラバーナーP-153という機種である


PRIMUS P-153 ウルトラバーナー & ガスカートリッジ
PRIMUS P-153 ウルトラバーナー & ガスカートリッジ


非常にコンパクトでありながら、最高出力が3600kcal/hと大出力である
四本ゴトクも折り畳み式なので、小さく収納大きく使用と大変便利だ

主な仕様を書くと

出力3,600kcal/h(T型ガス使用時)
ゴトク径最大148mm/最小90mm
収納サイズ7.5×8.8×3.0cm
本体重量110g(本体99g+点火装置11g)
付属品ナイロンスタッフバッグ付属
その他点火装置付(点火装置は着脱可能)



カートリッジは「PG-110」小型ガスカートリッジで重量110gの軽量モデルだ

実はシングルバーナーはすぐ決めたのだが
クッカーは結構悩んだのだよ

ソロクッカーとして有名なのは
スノーピーク(snow peak) ソロセット極チタンである

最初は「ソロセット極チタン」にしようかと思っていたのだが
たまたま、某スポーツ店にアルパインデザインのチタンクッカーの現品が置いてあった
(どうもエバニュー(EVERNEW)チタンクッカー1人用セットのOEM製品のようである)

「ソロセット極チタン」は約155g、「チタンクッカー」は約180g
重量は「ソロセット極チタン」の方が約25g軽い

容量は「ソロセット極チタン」が830mlと330mlのセットで
「チタンクッカー」が750mlと400mlのセット
サイズはほとんど同じである

結局購入したクッカーは、アルパインデザインのチタンクッカーだった


Alpine Design チタンクッカー
Alpine Design チタンクッカー


決め手になったのは、取手部にシリコンチューブが付いていたことだ
(それもアルパインデザインは薄いピンクである)

一応、取っ手が熱くならないようにとのことであるが

正直機能より、カッコで決めた(笑)

主な仕様を書くと

鍋サイズ径9.4cm×深さ11.8cm
鍋容量約750ml
フタ深さ2cm
マグサイズ径9.5cm×深さ5.8cm
マグ容量400ml
外寸径約10.6cm×14cm
素材チタニュウム(取手部シリコンチューブ付)
重量約180g(マグ60g含)
その他ナイロンケース付



この組み合わせだとバーナーとガスカートリッジが、
クッカーの中に丁度収納することが出来るので、非常にコンパクトになる


丁度収納できる
丁度収納できる


さてさて、これで地球の果てまで行っても大丈夫!!・・・のはず・・・

ま、まぁ、いきなり自炊はカンベンしてやるが
おいしいコーヒーはモラッタも同然だな(笑)

で、この先は良い子のコーヒーの入れ方手順だ
(注)興味のある方だけお進みください

[一人旅の強い味方]の続きを読む

セラミックプレートとエコココロゴス

2009年5月29日(金)

我が家では良く庭で焼肉を行う
特に春と秋は回数が多い


桜が散らないうちに
「桜が散らないうちに」


食事の準備が楽だという「嫁さんの思惑」と
単純に肉が腹いっぱい食べられるという「子供らの思惑」と
いつもより大目のビールが飲めるという「私の思惑

3者の思惑がみごと一致する

からだ

さらに最近は「ちゃちゃまる」と「りきゅう」の思惑も
参戦してきているのである


思わず舌が
「思わず舌が出るちゃちゃまる」



じっと待つ
「じっと待つりきゅう」


は、キャンプで使うような2バーナーのガスグリル
ドラム筒を半分に割ったような大型のグリルを使っていたのだが
どちらも自立型のグリルのため、どうしてもテーブルの横に置かざるを得なかった

そうするとテーブルの反対側に座った人は
グリルに手が届かないので直接焼くことが出来ない

必然的に

いつも私が焼く係り

となっていた

これはイカンゾと思い
いつの頃からか、卓上のグリルを用意して皆で囲むようにした

卓上グリルは自立型グリルに比べ面積が小さいが
皆が自分のペースで焼けるので思いのほか好評だった
(一番、好評だったのは私だが)

外で焼肉を経験した人は判ると思うが、焼肉の後片付けは結構大変である
特に焼網はメンテナンスをしておかないと後が大変だ

その日も焼肉をしようという話になったが
焼網のメンテナンスをさぼっていたので、結構網が汚くなっていた

この焼網も買ってから大分経っているので
そろそろ買い換えても良いかな・・・

急遽、焼網を買いに行くことになる

そして、なぜか買って帰ったのが焼網ではなく
LOGOSの「エコセラ・テーブルチューブラルS」だった


LOGOS エコセラ・テーブルチューブラルS
「LOGOS エコセラ・テーブルチューブラルS」


焼網を求めて、たまたま最初に寄ったスポーツ店で見つけたのだが
写真で判るとおり、大変薄い!!

売り文句は「限りなくテーブル面に近い卓上グリル」だ
(今までにも散々書いたが、私はカッコに弱い

さらに私の心を鷲掴みにするキーワードが

セラミックプレート



なんでも、
「セラミックプレートの遠赤外線で、食材もこんがり美味しい焼き上がり」
とか
「セラミックプレートの断熱効果で、火床への加熱が和らげられ火床が長持ちします」

なんか良く判らないがスゴそうだぞ

そしてトドメ
推奨燃料の「エコココロゴス」が1セットと木炭一箱
おまけで付いてくることだった^^

気がつけば買っていた(笑)

さっそく家に帰り、炭の準備をば・・・

本当は、このグリルの特徴である「省エネ」を生かすためには
推奨燃料の「エコココロゴス」を使うべきだそうなのだが、
昔の木炭が一杯余っていたのである(さらにオマケで木炭一箱増えたしな)

もったいない病が発病して普通の木炭で準備することに

これが失敗だった

このグリルには炭を置く部分に
火力調整用の空気穴が無かったのである

推奨燃料の「エコココロゴス」はヤシガラ成型炭
素早い着火燃焼効率の良さが特徴であるらしいが
普通の木炭は空気穴が無いと、なかなか燃え広がらないのだよ

結局、途中で「エコココロゴス」を割って入れる
という荒業でしのいだのであった
(最初からエコココロゴスを使えば良かったという話も)


なんとか開始
「なんとか開始」


さてさて期待のセラミックプレートであるが

良く効果が判らなかった

のが正直なところである(^^;

ちなみに「エコココロゴス」は確かに燃えやすく
これは「なかなかヤルナ」といった感じだった

しかし木炭に比べ「エコココロゴス」は高いのである
うーん、悩むところだ

P.S.
100円ショップ焼網が売っていたのは
嫁さんには秘密である


最新記事