安来サイクリングの思ひ出 ~気ままな旅~

2016年5月23日(月)


気ままな旅

「気ままな旅」 2016/04/24 from 広瀬
by Nikon D300 AF-S DX VR 18-200mm F/3.5-5.6G



ゆるポタさんから、そのサイクリング大会の事を聞いたのは
オフ会の車の道中での事であった

安来市で毎年開かれているサイクリングイベントがあるという
その参加費用を聞いて驚いた

昼食と抽選会がついて1000円ぽっきり

というではないか
もしや、一緒に走ったお姉さん

勝手にフルーツを頼まないか

心配したのだが
そもそも、

お姉さんはオプションでも付いていない

というから安心
あまりの安さの話に、実は会計時

怖いお兄さんとか出てこないよね

確認したのだが
これも問題ないという

ならば参加するしかないではないか^^





[安来サイクリングの思ひ出 ~気ままな旅~]の続きを読む
スポンサーサイト

中海バイク&ラン潜入記(後篇) ~ゴールオアランチ~

2015年12月14日(月)


妖怪神社前

「妖怪神社前」 oct.2015 from 鬼太郎ロード
by Nikon D300 AF-S DX VR 18-200mm F/3.5-5.6G



おかしい・・・
もうそろそろ

スタンプポイントが見えても良いはず

なのに

それまでの風景が走馬灯のように蘇る
それまでも決して

順調な道ではなかった

米子水鳥公園は行き過ぎたし・・・
とっとり自然環境館から近道しようと
畑の中を通ったら行き止まりだったり・・・

それでも、向かう場所は把握していたので
精神的には問題なかった

あぁ、それなのに
江島大橋(ベタ踏み坂)近くと言われたスタンプポイント
いくら橋の下を探してみても見つからなかったのである

時間だけが刻々と過ぎて行った





[中海バイク&ラン潜入記(後篇) ~ゴールオアランチ~]の続きを読む

中海バイク&ラン潜入記(前篇) ~フリーダムラン~

2015年12月12日(土)


スタート前

「スタート前」 oct.2015 from 中海バイク&ラン 2015
by Nikon D300 AF-S DX VR 18-200mm F/3.5-5.6G



それは今年の自転車的謝肉祭での事であった

参加した人から
もう一つの自転車イベントの情報を教えてもらったのである

その情報が私の心を鷲掴みしたのは

参加費無料

の自転車イベントだったからである

さらに無料なのに
なにやら参加賞がもらえたり抽選会もあるという

なんて太っ腹だ

これはもう参加するしかないではないか

そのイベントの名は
中海バイク&ラン」と言った





[中海バイク&ラン潜入記(前篇) ~フリーダムラン~ ]の続きを読む

自転車的謝肉祭2015 ~お楽しみ抽選会皮算用~

2015年11月15日(日)


スタート直前

「スタート直前」 2015/09/20 from CYCLE CARNIVAL in YODOE 2015
by Nikon D300 AF-S DX VR 18-200mm F/3.5-5.6G



もう2ケ月も前の事になるが
今年も「サイクルカーニバル in 淀江」に参加した

個人的には2010年から続けており、今年で6年連続の参加

ただし、そのうち2回はエントリするものの
とある大人の事情(笑)で、イベント最後の「お楽しみ抽選会」のみの参加だった

この抽選会は結構な確率で当たるので有名で、
毎年なんらかの景品をゲットしている

特に昨年はなんと「鳥取和牛肉」をゲットしたため
完全に参加料以上の元をとったのであった

となれば、今年も皮算用をするのは

人間のサガ

であるといえよう






[自転車的謝肉祭2015 ~お楽しみ抽選会皮算用~]の続きを読む

奥出雲サイクリング2014 ~チャレンジランにチャレンジ~

2014年11月14日(金)


スタート

「スタート」 2014/10/26 from 奥出雲サイクリング 2014
by Nikon D40X AF-S DX VR 18-200mm F/3.5-5.6G



あれはもう4年も前の事である

初めて奥出雲サイクリングに申し込んだのだが
誰のせいか当日は雨だった

私達は走らずに「食事のみ参加」という

ヘタレ全開

で初イベントを終了したのだよ
(近くの駅に写真を撮りに行っていた(笑))

なので、いつか

借りを返さねばならない

と思っていたのだが、その後、奥出雲サイクリングの日程がいろいろ変って
「サイクルカーニバル in YODOE」と重なったり
「大山はまなすサイクリング」と重なったりしたため
なかなかエントリ出来なかったのである

しかし、遂に、遂に

リベンジする日がやってきた

のであったよ



[奥出雲サイクリング2014 ~チャレンジランにチャレンジ~]の続きを読む


最新記事