機材紹介シリーズ(カメラ編:D40X)

2009年3月31日(火)

気がつけば、またブログが

放置プレイ状態

になってしまった。

マイペースといいながら、何とか週1くらいの更新はせねば・・・

で、何を書こうかと思ったのだけれど
少し前に思いついていた事を書こうと思う。

それは

持ち物紹介

ちまたにグッズ本があふれているように
趣味に各種アイテムは必須なのだよ、明智君。

お金が無限に使えれば
手当たりしだいに買っていけば良いが
我が家の財務省はきびしい

限られた予算の中での購入となれば
やはり一般の評価は気になるもの・・・

メーカーのページは当然であるが
良いことばかり書いてある。
(まぁ、書いてあるだけましだが。場合によっては情報すら書いてない場合も)

最近は個人のブログで使用感とかが書いてある場合多く
大変参考になることが多い。

実は私も欲しいと思ったアイテムは良く検索をするのだ。
(各ブログ主には本当に頭が下がる)

で、私も恩返しではないが
自分のもっている機材くらいは紹介しようかな・・・と

ブログのネタにもなるし

あぁ、最初に大切なお断りをしておかねばならない。

単純にデジイチ初心者が購入した機材を紹介するだけなので
別にこの機材がベストだとか言うつもりは毛頭ない

基本的に私の判断基準

カッコである

ことが多いからだ。

さらに、そのカッコの判断も万人共通ではないと自負している(^^;

で、最初に紹介するのは
時系列的にいっても最初のデジイチからだな。

前にも書いたが
最初のデジイチはNikon D40Xである。


NikonD40x 外観
Nikon D40X ダブルズームキット外観


購入は2007年9月。
その軽さ(本体約495g)とNikon特有の赤いグリップラインが決め手となって購入。

ある雑誌に書いてあった

リトルニコン

という響きが大好きである(笑)

一応主な仕様を書くと

有効画素数10.2メガピクセル
撮像素子 23.6×15.8mmサイズ、原色CCD、総画素数10.75メガピクセル、ニコンDXフォーマット
ISO 感度ISO 100~1600、ISO 1600に対し1段まで増感可能(1段ステップ)
記録媒体SDメモリーカード、SDHC規格対応
連続撮影約3コマ/秒
液晶モニター広視野角2.5型低温ポリシリコンTFT液晶、約23万ドット
ファインダー視野率上下左右とも約95%(対実画面)
フォーカスエリア3カ所のフォーカスエリアから1カ所を選択可能
大きさ(W×H×D)約126×94×64mm
質量(重さ)約495g(バッテリー、SDメモリーカード、ボディーキャップを除く)


まぁ、フォーカスエリアが3点とショボかったり
レンズ内モータが無いレンズはAFが効かないなど
マイナス点も一杯あるが「そんなの関係ねぇ!

私にとっては、
このカメラのおかげで「デジイチの楽しさ」を教えてもらったからだ。

どんなに高級で、すばらしいカメラでも

もって出なければ、ただの飾り

今思えば、D40Xの手軽さは
初心者の私にベストマッチだった。

手持ちで静止物を撮影する場合は
AFエリア3点でも、フォーカスロックすれば良いので
そんなに困らなかったし
レンズ内モータの件は、最初からダブルズームキットを買ったので
当分問題にならなかった。

なによりも撮影モードの「スポーツ」は初心者に優しく
絞りも調整できるが、ISO感度側を自動調整して
なんとか早いシャッタースピードを確保しようとしてくれる。

背景ボケを意識しながらも、シャッタースピードが高いので
手振れが少なく撮ることが可能なのだ(結果、初心者でも失敗が少ない)。

この機能は、
娘のテニスの試合を撮ることが多い私にとって

神様のような機能であった

もし、最初から写真を撮る度に
絞り値とシャッタースピードとISO感度を
全て自分で設定しろと言われたら、カメラを投げ出していただろうな。


D40Xの写真例)

桜と水面
「桜と水面」 2008/04/12 from 南部町 法勝寺川
by Nikon D40X AF-S DX VR 70-300mm F/4.5-5.6G

わんポイントりぼん
「わんポイントりぼん」 2007/12/02 from 自宅
by Nikon D40X AF-S DX VR 55-200mm F/4-5.6G

名水の流れ
「名水の流れ」 2008/08/31 from 大山 岸本町 湧水「地蔵滝」
by Nikon D40X AF-S DX VR 18-200mm F/3.5-5.6G

冬の目玉おやじ
「冬の目玉おやじ」 2008/02/17 from 近所の遊歩道
by Nikon D40X AF-S DX VR 55-200mm F/4-5.6G

スポンサーサイト


最新記事