ヘルメットという名の必需品(OGK REGAS)

2010年8月25日(水)


D3C_9908-s.jpg


自転車の必需品と呼ばれる物で唯一持っていなかった物がある
その名は「ヘルメット」といった

ミニベロでも下り坂では時速40~50kmの速度が出てしまう

ここでコケタら死ぬな

と思うこともしばしばである

そんな危険との隣り合わせなので
むしろヘルメットは最初からかぶるべきなのであるが
私は今までその必需品と言うべきヘルメットを持っていなかった

それには理由があったのだよ
実は私の数少ない弱点の中に

かぶり物が似合わない

というのがあるだ

家族からは「お父さんは(^-^)が大きいから
といわれるが

大きいのは頭であって顔ではない

と本人は思っている

もっとも私以外の家族は皆かぶり物が似合うので
この件に関しては家族と言い争うつもりはないのである(^^;
(負け試合はしないのだ)

で、この似合わないヘルメットであるが
とうとう購入することになった

実は9/12に行われる「サイクルカーニバルin YODOE」というイベントに
参加することにしたのであるよ

このイベント参加の条件に「ヘルメット着用のこと」とある
まあ、イベント主催者としては万が一の事を考えれば当然の要求であるな

問題はヘルメットの購入であった

今までヘルメットには全く興味がなかった

ので、ぜんぜん検討した事がなかったのである

種類的にはネットでの購入も考えられなくはないが
やっぱり身につける物であるから実物を着用してみたかったのであるよ
なのでインターネット購入は今回見送ったのであった

結局時間もなかったので
とりあえず米子の大型ショピングセンターの自転車売り場で現物を見てみた

あまり種類は無かったが、実際に着用してみると結構違うものだな
(そういう意味では実際に着用できて良かった)

何度も被りなおして、違和感の少ないヘルメットのうち
一番おとなしいカラーを選んでみた

本当は派手なほうが、自動車からの視認性が良いのだが
普段、服装を派手にしているのでヘルメットは地味でも良いのだよ(笑)

私が今回購入したのはOGK KABUTOというメーカーの
REGAS(リガス)というモデルであった


OGK REGAS
OGK REGAS


ここでお約束の仕様的には

・JCF(財)日本自転車競技連盟公認
・サイズ:M/L
・カラー: フェニックスブラック(2009年モデル)
・重量:270g


受け売りの特徴としては

・クラニウムロック-8装備
ヘルメットのズレやブレを抑えるサポートシステムのことである
3段階の角度調整が可能で、装着感をさらに高め、よりベストなフィッティングを実現するという
このダイヤル式タイプは片手で調整ができるので微調整も含め大変使い易かった


クラニウムロック-8
クラニウムロック-8


・A.Iネット
名称から

人工知能付か

と思ったのだが、そうではなかった

A.IとはAnti-Insectの略で、空気の流入口からの虫の侵入防止を主な目的としたネットが付いていた。このネットは取り外すことも可能で、その場合はインナーパッドに変更する。ちなみにインナーパッドセットは、「7mm」と「12mm」の2種類の厚みのものが付いていた

・着脱可能なフロントバイザー
フロントバイザーが標準付属されていた。着脱は非常に簡単にできる。
しかし装着したカッコはイマイチであったな


着脱可能なフロントバイザー
着脱可能なフロントバイザー



フロントバイザーを付けた姿
フロントバイザーを付けた姿



今までヘルメットを着用したことがなかったので
購入後、さっそく近所のまわりをヘルメットを被って
練習を兼ねて25kmほど試乗してみた

最初は恥ずかしかったが、途中から気分だけはロード乗りになったのであるよ
そのせいか

普段より平均ケイデンスが5上がったのだ

さすがヘルメットの威力であるぞ(笑)
(実際は普段より1段ギアを軽くしていたというオチではあるが)

ともあれ、これで良い子のヘルメットも手に入れ準備は万端となったな
あとは当日に雨が降らない事を祈るのみである

スポンサーサイト


最新記事