スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東への冒険(その2:コナンの街編)

2010年2月3日(水)


阿笠博士号
「阿笠博士号」2010/1/24 from 青山剛昌ふるさと館
by Nikon D300 SIGMA 30mm F1.4 EX DC/HSM


全国第1号だそうである
何の事かといえば、道の駅の事である

道の駅は1993年2月に登録制度が創設され、
第1回登録は1993年4月22日付で103駅が登録されたそうである

しかしながら、鳥取県東伯郡北栄町(旧大栄町)にある道の駅「大栄」は
1992年4月17日にオープンし、旧建設省も公認であったことから
道の駅第1号」を名乗っているそうである

自分の住んでいる県にも関わらず知らなかったな

このあたりは、各地での主張がそれぞれあると思うが
何はともあれ

全国で1号はめでたい事である


道の駅登録全国第1号
道の駅登録全国第1号


なぜ、北栄町にいるかと言えば
昼食後、ポート赤崎を旅立った私は

無謀にも西へ戻らずに東に進んだ

のであったよ

そして、9号線沿いの道の駅を見つけたので休憩に寄ったところ
上記の全国第1号を見つけたのであった

見つけたのは全国第1号だけではない
となりにどこかで見たようなブロンズ像があるではないか・・・

良く見れば

名探偵コナンの像である


名探偵コナンの像
「名探偵コナンの像」2010/1/24 from 道の駅「大栄」
by Nikon D300 SIGMA 30mm F1.4 EX DC/HSM


そうなのである
ここ北栄町は人気マンガ「名探偵コナン」の原作者、
青山剛昌さんの生まれ育った町であるのだ

2007年3月に青山剛昌ふるさと館もオープンし
名探偵コナンに会える町として町興しをしているという


ようこそ北栄町へ
ようこそ北栄町へ


ふるさと館の他にも
コナンのオブジェを設置した「コナン通り」もある

このあたりは、規模は違うがゲゲゲの鬼太郎で町興しをしている
境港市「水木しげるロード」と同じ感じだな

もっとも鬼太郎ロードは何回も行った事があるが
「コナン通り」は今回初めて訪れたのだよ

なので、ちょっとワクワクしているのだ


名探偵コナンに会える町
名探偵コナンに会える町


とりあえず、ふるさと館に向かってみる
なんとそこにスゴイ物を見つけたのだよ

なんと、コナンに出てくる阿笠博士の愛車
黄色のフォルクスワーゲン(ビートル)ではないか!
ちょっと

アドレナリンが出るぞ(笑)


黄色のビートル
「黄色のビートル」2010/1/24 from 青山剛昌ふるさと館
by Nikon D300 SIGMA 30mm F1.4 EX DC/HSM


興奮気味に写真を撮ろうとするのであるが

バンパーに自分の姿が映る(^^;

むむむ、こんな時にズームだとうまく逃げられるのにな・・・

まぁ、修業で30mm一本しか持ってきていないので仕方が無い
四苦八苦しながら何枚か撮影


VW 1303S
「VW 1303S」2010/1/24 from 青山剛昌ふるさと館
by Nikon D300 SIGMA 30mm F1.4 EX DC/HSM



レトロ感が良いな
レトロ感が良いな


ふるさと館の前にもコナンの像があった
ここには、コナンの仲間の少年探偵団の像もある


少年探偵団
少年探偵団


結局ふるさと館の中には入らなかった

時間的なこともあったが、
自分ひとりで入るのが気が引けたのであるよ

やっぱり、この手は

家族で来た方が良いよな(^^;


今度は家族で来よう
「今度は家族で来よう」2010/1/24 from 青山剛昌ふるさと館
by Nikon D300 SIGMA 30mm F1.4 EX DC/HSM


ふるさと館の前からは、通称「コナン通り」となる

ここには石製のモニュメントが並ぶのであるが
注意すべきは道の片側にしか設置していない

最初は反対側を通ったので気が付かなかったよ
途中で気が付きUターン


石製モニュメント
「石製モニュメント」2010/1/24 from コナン通り
by Nikon D300 SIGMA 30mm F1.4 EX DC/HSM


コナン通りを進んでいくと由良川にかかる「コナン大橋」に遭遇
この橋にも沢山のブロンズ像が設置してあった


コナン像
コナン像



コナン大橋
コナン大橋



コナン像
コナン像



欄干のレリーフ
欄干のレリーフ


気が付けば結構な時間が経過していた
みれば、空に月が見えてくる時間である・・・


月が見えてきた
「月が見えてきた」2010/1/24 from コナン大橋
by Nikon D300 SIGMA 30mm F1.4 EX DC/HSM


むむむむむ、このままだと

帰れなくなるぞ(^^;

(さらに続く)
スポンサーサイト


コメント

  1. ぽん太 | URL | dg8KrjFs

    Re: 東への冒険(その2:コナンの街編)

    おおっ恐るべし!北栄町まで遠征されるとは(^_^;)
    コナン通りへはまだ一度も行ったことありません。
    正直、しょぼいのではと思っていたのですが
    なかなか面白いオブジェがありそうですね。
    どっか他ににコナンの巨大な靴もあったような・・・

    遠出するのは、行きはいいのですが帰りが・・・
    1周回ってもとに戻る蒜山コースぽいのがいいですね。(笑)

  2. ゆるポタ | URL | GwI18cS2

    Re: 東への冒険(その2:コナンの街編)

    なんと、引き返さなかったんですね(^^ゞ
    走りに専念してるのなら、時間的にも余裕でしょうが、
    撮りながらだと、帰りが何時になるか分からなくなりますね(爆)
    電車かな~(笑)

    コナンも鬼太郎の二番煎じにならないように、
    工夫をこらしてもらいたいですね。
    コナンって、そんなに人気があるんですか??

  3. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re:ぽん太さん

    ぽん太さん、こんにちは

    個人的には3D化したコナン達より
    マンガのままのコナン達のほうが好きなので
    ブロンズ像より石製モニュメントのほうが好みでしたね

    現在ブロンズ像は11種で
    石製モニュメントは28個あるようです

    ちなみに石製モニュメントはコミックスの表紙(第1巻~第28巻)が
    載っているいるようなので、今後も増えるかもしれません

    確かに行きと帰りが同じ風景だとつまらないので
    周回コースがベストですよね^^

  4. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: ゆるポタさん

    ゆるポさん、こんにちは

    撮っていると時間が経つのを忘れてしまいますので
    帰りの事を完全に忘れていましたね(^^;

    コナンは結構若者には人気があるようです

    うちの子供たちも好きなので
    それもあって、一人で「ふるさと館」に入る勇気が無かったのですよ(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itukamita.blog114.fc2.com/tb.php/108-ff6b7c02
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。