スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大山麓探索の日(その3:谷田堤~福岡堤編)

2010年3月9日(火)


福岡堤とF20R
「福岡堤とF20R」2010/2/21 from 福岡堤
by Nikon D300 AF-S DX VR 18-200mm F/3.5-5.6G


尾高の梅園を後にして、次の目的地へ向かう

向かう先は地図上で確認をしておいた謎の池である
その謎の池は福岡堤に向かう県道159号線の途中から入った所にある

県道53号線から159号線へショートカットしようと思い
日下地区の田んぼ道を通ると途中で「日本刀発祥の地」の看板を見つけた


日本刀発祥の地
日本刀発祥の地


どうも「酒呑童子」を退治したという
日本刀最古の名刀「童子切(国宝)」を作った伯耆安綱という人物がおり、
その伯耆安綱からはじまる伯耆鍛治の系図がこのあたりの家系に残されているそうだ

その家系が沢口家松本家ということで
ここに松本家や沢口家跡地があるそうである

で、さっそく見に行ったのだが

普通に人が済んでいる気配があるのだ(^^;

結局シャイな私は中に入る事が出来なかったのである
(それとも家を間違えたのであろうか?)

まぁ、ここであまり時間を掛ける訳にはいかないので
先を急いだのであるが(笑)

その後米子自動車道の下をくぐり、県道159号線へ
ナビを見ながら謎の池にむかう小さな道に突入

途中からジャリ道になるが

今回は目的があるので負けずに進む

そして、おしりが悲鳴を上げそうになる頃に
目的地に着いたのである

そして目にしたものは・・・

「立入禁止!!」の看板であった

糸冬 了


立入禁止
「立入禁止」2010/2/21 from 谷田堤
by Nikon D300 AF-S DX VR 18-200mm F/3.5-5.6G


となりに石碑があり、それによれば
この謎の池は財ケ谷池(通称:谷田堤)と呼ぶらしい

どうもこの地域の水利をめぐって流血事件もあったようだ
そのため役所の仲裁によってこの溜池ができたらしい

石碑は

堤水満々として四季を映し
   遠い水争の歴史を語る
山水に祈る
   この郷の永遠の豊穣と弥栄を


と結んであった

撮影ポイントとしては残念な結果であったが
郷土の歴史の一部を垣間見たようで、それはそれで良かったのかもしれないな

気を取り直して、本日最後の目的地である「福岡堤」へ出発だ

福岡堤も条件が良ければ、いわゆる「逆さ大山」が綺麗に映るので有名な場所である
(有名ではあるが、私はまだ一度も行ったことがなかったのだよ)

うまく行けば、綺麗な大山が写せるかもしれない
今日は大山の見通しは良いので、あとは池面の状態がどうかであるな

そんな事を思いながら
再び県道159号線に戻り植田正治写真美術館の方へ向かう
なんとここから道の勾配がキツクなってきた

むむむ、このまま登れるであろうか?
ゼイゼイいいながら自問していると、丁度勾配が緩くなってきた地点で
道横に「福岡堤」の案内板を発見、見ればその横道は下りである

迷わず突入だ

スゴイ勢いで下っていき、
おもわず「ひゃっほーい!!」と叫んで走っていたら、
今度は福岡堤の入り口を通り過ぎてしまった(^^;

あわててUターンして、なんとか到着
ついに噂の福岡堤到着の瞬間だ!!

と思ったら、
肝心の池は土手の上のようであった(笑)


福岡堤の石碑
福岡堤の石碑


見ればここまで長い道のりであったな


来た道を振り返る
来た道を振り返る


期待を込めて堤防の土手を登る
そこで見た風景は・・・

さざ波だらけであった

がーん、天気は良かったのだが風が強かった
まぁ、そうそう良い条件にはならないよな

ちょっと悔しかったので、急遽自転車も土手に上げて

記念撮影モードに突入


天気は良いが
「天気は良いが」2010/2/21 from 福岡堤
by Nikon D300 AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED



最後までさざ波止まらず
最後までさざ波止まらず


こうして、最初の福岡堤は苦い思い出に変わったのであったよ(^^;
いつかリベンジだな

P.S.
この日のフォタは42.1kmであった

スポンサーサイト


コメント

  1. ぽん太 | URL | dg8KrjFs

    Re: 大山麓探索の日(その3:谷田堤~福岡堤編)

    谷田堤って言うんですね~
    いろいろいわれがあるんですね
    車だと楽ですが自転車でわざわざ行って撮れないと
    とてもショックですね・・・

    福岡堤まで自転車で行かれるとは
    すごい坂ですよね、一度も行こうと思ったことありません。(笑)

    じつは福岡堤の村から一直線に伸びている道の入り口は知らないのです。
    防波堤の横の方に駐車スペースがあるのですが
    いつもそこから行ってます。
    よって一度も福岡堤の石碑は見たことがないです。(笑)

    逆さ大山は撮れなくて残念でしたね
    晴れていてもなかなか撮れないです。(^_^;)
    でも福岡堤と自転車、大山コラボは初ではないでしょうか。

    溝口の上野池と自転車、大山コラボ
    http://potaponta.blog94.fc2.com/?q=%BE%E5%CC%EE%C3%D3
    もよかったらどうぞ!(笑)

  2. ゆるポタ | URL | GwI18cS2

    Re: 大山麓探索の日(その3:谷田堤~福岡堤編)

    シャイな方が、「ひゃっほーい!!」ですか、まあいいでしょう(爆)
    よくぞ福岡堤に、自転車で行かれました、立派です^^
    しかし、ここにも、地元で、福岡堤を知らなかった方が^^;
    上で、コメントされてる方と同じですね(爆)

    まあ、そういった知らなかった事を、教えてくれるのも写真だと思います。
    めげずに、逆さが撮れるまで、通ってください^^

  3. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: ぽん太さん

    ぽん太さん、こんにちは

    谷田堤については地図上で気になっていたので、ある意味これでスッキリしました
    まぁ、2度と自転車で行くことはないと思いますが(笑)

    >防波堤の横の方に駐車スペースがあるのですが
    >いつもそこから行ってます

    実は横の駐車スペースは帰りに気が付きました(^^;
    こっちのほうが近いじゃん!と思ったのは言うまでもありません(笑)

    >溝口の上野池と自転車、大山コラボ

    おぉ、このようなものを教えてもらったら
    ぜひ行かなくてはならないではありませんか(笑)

  4. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: ゆるポタさん

    ゆるポタさん、こんにちは

    むはははは、シャイでも奇声は発するのですよ(笑)

    >めげずに、逆さが撮れるまで、通ってください^^

    いつかはリベンジをしたいと思っていますが
    次は自転車で行くかどうかはわかりません(^^;

    道を知らないから自転車で行く気になった部分がありますからね(笑)

    また逆さが撮れるかどうかは、ある意味その日の運だめしのような気がしますね

    神社の「おみくじみ」たいなもので、
    あまり回数を増やすとありがたみが薄れるような気が(笑)

  5. kogikogi-life | URL | t7ALjxuw

    Re: 大山麓探索の日(その3:谷田堤~福岡堤編)

    この場所、いろんな方が撮影されてますね。
    でも僕は一度も行ったことがないんですよ。
    ひとつは植田正治美術館のすぐ近くなんですね。
    いつかきっと行ってみよう。

  6. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: kogikogi-lifeさん

    kogikogi-lifeさん、こんにちは

    ここは大変有名な場所のようですが
    私もこの日まで行ったことがありませんでした

    植田正治写真美術館の裏手ですが
    美術館側からは直接行けないので
    県道159号線側にまわると良いですよ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itukamita.blog114.fc2.com/tb.php/119-ea167014
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。