スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倉吉東郷自転車道の冒険(その2:迷走編)

2010年5月21日(金)


花と緑のふれあいロード
「花と緑のふれあいロード」2010/5/2 from 倉吉東郷自転車道
by Nikon D300 SIGMA 30mm F1.4 EX DC/HSM


初めての道楽しみでもあるが、一方では不安でもある

一応Edge705には地図が表示されるのであるが
国道や県道と違って自転車道のような道は
ナビを見ても、どのルートが正解か良く分からないのであるよ

目的地に到着することだけが目的なら、ルートを外れても問題にならないが
自転車道の場合は

道を外れると意味がないのではないか

今回、倉吉東郷自転車道に臨むに当たってお世話になったHPがある
国土交通省の「大規模自転車道の紹介」ページである

その中の鳥取県の地図の中の98番「一般県道倉吉東郷自転車道」が
今回の自転車道であった

実はこの日のためにしっかりルートの予習をして頭に叩き込んでおいたのだよ
さらに、念のため地図も事前に印刷してポケットに忍ばせておいたのである

備えあれば憂いなし

我ながら完璧だな

食事を終えた私は再び天神川の土手を走り始める
もちろん、土手下の道はもう見逃さない


土手下に降りるところ
「土手下に降りるところ」2010/5/2 from 倉吉東郷自転車道
by Nikon D300 SIGMA 30mm F1.4 EX DC/HSM


とても天気が良いので
鼻歌の一つでも出てくるところだ

事前に覚えておいたとおり天神川の途中から橋を渡り、国道313号線に入る
たしかここからは川から離れて走るルートだったよな

しかし土手道を離れると急に普通の道になるのものだ
信号もうっとうしいな・・・って

ここはどこだ?


ここはどこ?
ここはどこ?


どう考えても迷子になっているではないか・・・
結局来た道を引き返すハメに

天神川の土手道まで引き返して原因がわかった
一本、橋を早く曲がってしまったようだ(^^;

しかし、これはがしかけてあったのだよ
なぜなら、自転車道を国道が横切っていたのである


ここを向こうから渡るのが正解とは思わなかった
ここを向こうから渡るのが正解とは思わなかった


もちろん自転車道としては国道を横切るのは推奨していない
(危険すぎるからね)
実は少し直前に横道の迂回路があったのである

本当は迂回路に入る場所に案内があれば全然OKなのだが
何もなかったので直進してしまったのであるよ

と言う訳で(どういう訳で?)

私は無罪である

実はその後も小鴨橋を渡った後に迷ってしまったのであるが
途中で県道501号線の看板の下に
倉吉東郷自転車道線」の看板を見つけてホっとする
(丁度、西倉吉町の場所で発見)

みれば旧倉吉駅跡
ロードステーション「にしくら」として整備されている場所であった


ロードステーションにしくら
「ロードステーションにしくら」2010/5/2 from 倉吉東郷自転車道
by Nikon D300 SIGMA 30mm F1.4 EX DC/HSM


よーし、これから先は一本道のはずだな・・・って
今度は

立入禁止の看板が!!


立入禁止?
立入禁止?


ここまで来て通行止めはないだろう!

と思ったのだが、舗装工事部分が立入禁止であって
通行止めではなかった^^

その先の道は若葉が一杯の木に囲まれた道で
とても気持が良い


若葉が一杯
「若葉が一杯」2010/5/2 from 倉吉東郷自転車道
by Nikon D300 SIGMA 30mm F1.4 EX DC/HSM


良く見れば、この木はではないか
ということは桜の季節はこの道は花街道になるのだな

この道沿いにロードステーションとして
おがも」「かみおがも」が整備されていて
ちょっとした休憩が出来るようになっていた


ロードステーション「おがも」
ロードステーション「おがも」


そして「かみおがも」のすぐ先に
倉吉東郷自転車道の起点マークを発見


起点マーク発見
起点マーク発見


ここが自転車道の起点だったのだな
ということは、

同時に折り返し地点ということだ

丁度半分の行程を消化したので
お約束のコーヒータイムで一息することにしようか


コーヒータイムで一息
「コーヒータイムで一息」2010/5/2 from 倉吉東郷自転車道
by Nikon D300 SIGMA 30mm F1.4 EX DC/HSM


(続く)
スポンサーサイト


コメント

  1. ぽん太 | URL | dg8KrjFs

    Re: 倉吉東郷自転車道の冒険(その2:迷走編)

    天神川の土手沿いからかみおがものコース
    以前行ったのですが、途中で道を間違え
    関金方面ではなく三朝温泉へ行ってしまった経験があります。(笑)

    それ以来、かみおがもは関金温泉に車を停めて
    下るコースに切り替えたんですが
    いまだ「ロードステーションにしくらとかまで
    行く道が把握できていません(笑)

    かみおがもは道路脇にソメイヨシノがずっと植えてあるので
    春に行けばさぞ綺麗な景色の中走れそうですが
    毎年行けずにいます。

  2. kogikogi-life | URL | t7ALjxuw

    Re: 倉吉東郷自転車道の冒険(その2:迷走編)

    いいお天気で、楽しい時間を過ごされましたね~。
    このコース、僕も去年走りましたが、とっても気に入りました。
    でも確かに小鴨のあたりから先でちょっと迷ってしまうところ
    がありますよね。
    今年も行きたいなぁ。sugarさんに案内をお願いすると
    よさそうですね~。

  3. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: ぽん太さん

    ぽん太さん、こんにちは

    > 天神川の土手沿いからかみおがものコース
    > 以前行ったのですが、途中で道を間違え
    > 関金方面ではなく三朝温泉へ行ってしまった経験があります。(笑)

    わははは、三朝方面に向かったということは
    県道21号線に入ってしまったのでしょうかね

    今回、私は「橋渡る」「県道313号線目印」と覚えていたら
    一本早く曲がってしまったので、北栄町の方角へ向かっていました(^^;
    (完全に逆方向ですよね)

    > かみおがもは道路脇にソメイヨシノがずっと植えてあるので
    > 春に行けばさぞ綺麗な景色の中走れそうですが毎年行けずにいます。

    いやぁ、私も桜の季節にぜひ訪れたいと思ったのですが
    良く考えたらすごい人で自転車で通るのは大変かもしれませんね
    (でもいきたいな(笑))

  4. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: kogikogi-lifeさん

    kogikogi-lifeさん、こんにちは

    > いいお天気で、楽しい時間を過ごされましたね~。

    この季節はフォタに最適ですね
    この日は思ったほど風も強くなかったので
    とても気持良く走る事が出来ました

    > このコース、僕も去年走りましたが、とっても気に入りました。
    > でも確かに小鴨のあたりから先でちょっと迷ってしまうところ
    > がありますよね。

    結構案内板もあったのですが
    肝心な迷い易いところに案内が抜けているのですよ

    しかし、このコースは景色が大変変化に富んでいるので目でも楽しめますね^^
    まったく平坦なコースなので初心者でも無理なく走れるのも良いと思います
    (私の中でもポイントが高い自転車道です)

  5. ゆるポタ | URL | GwI18cS2

    Re: 倉吉東郷自転車道の冒険(その2:迷走編)

    やっぱり(爆)
    私が走った時も、川沿いの橋から、何処を通っていいのか
    分からなくなりましたから、案内板がよくないと思ってました。

    でも、良い日に行かれたようですね。
    とても気持ちがよさそうです(^^)

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: ゆるポタさん

    ゆるポタさん、こんにちは

    > 私が走った時も、川沿いの橋から、何処を通っていいのか
    > 分からなくなりましたから、案内板がよくないと思ってました。

    ですよねー

    ただ、起点から終点に向かうコースだと
    川が目印になりますので、大きく迷子になることは無さそうです

    鬼門はやはり終点から起点に向かうコースで川から外れる部分でしょうね
    本当は他の自転車道のように全体コースの案内図があると完璧だと思うのですけれどね
    せっかく良いコースなので、ちょっともったいないですね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itukamita.blog114.fc2.com/tb.php/142-30f6f7f4
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。