スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つくし

2011年4月5日(火)


D3C_9999-s.jpg


春先になると一斉に顔をのぞかせる土筆
その特徴的な姿は子供でも直ぐに見つける事が出来る

学術的にはスギナの胞子茎である
そして春の季語にもなっている土筆

先日、地元の新聞に「つかの間の笑顔」というタイトルで
福島県いわき市の家族が土筆を見つけて喜んでいる写真が載っていた



土筆のある風景、見つけて喜ぶ子供、今までは何気ない景色だと思っていた
しかし「つかの間の笑顔」を見たら心が震えた

未曾有の大震災から4週間になろうとしている
未だ行方不明者が1万5千人以上にも上るうえ原発の状況もどうなるか予断を許さない
被災された方々の心労を考えるとかける言葉もない状況が続いている

津波は多くの故郷を破壊し人の命を奪った
そんな中、懸命に復興に向けてがんばっている人達を見聞すると感動せずにはいられない
被災された人々に平穏が訪れるまでには長い時間と多くの困難が待ち受けていることだろう
しかし必ず笑顔が帰ってくる日がくると信じたい

どんなに冬が厳しくとも土筆が毎年顔を出すように
必ず春はやってくるのだから


D3C_9964-ss.jpg


あらためて、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます
また不幸にして亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます
スポンサーサイト


コメント

  1. ゆるポタ | URL | GwI18cS2

    Re: つくし

    どんな出来事が起ころうと、季節はまた巡ってきます。
    今回のような大災害だからこそ、被災された方々には、前を見続けてほしいですね。
    振り返っている暇は無いと思えます。
    地形までも変わってしまい、もう昔と同じ景色は戻らないかもしれませんが、
    新たな故郷を創っていかれる事を願っている、今日この頃です。

  2. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: ゆるポタさん

    ゆるポタさん、こんにちは

    > どんな出来事が起ころうと、季節はまた巡ってきます。
    > 今回のような大災害だからこそ、被災された方々には、前を見続けてほしいですね。

    ある意味、現在でも進行中の災害ですが
    そんな中、現地の人々の精神力には頭が下がる思いです

    > 新たな故郷を創っていかれる事を願っている、今日この頃です。

    まさに「創る」という事になるのでしょうね
    国を上げて長い期間の支援が必要だと思います

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itukamita.blog114.fc2.com/tb.php/211-25f93ef5
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。