スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sは想定外のS ~S計画(大三島編)~

2011年8月1日(月)


大三島橋
「大三島橋」2011/07/17 from 大三島
by Nikon D300 AF-S DX VR 18-200mm F/3.5-5.6G


多々羅大橋を渡りきると、いよいよ大三島に上陸である

今回の旅でケンケンさんの弱点をひとつ発見した
彼は強度の

高所恐怖症

であるらしい
なので、多々羅大橋から下を覗こうとは決してしなかった(笑)

まぁ私も高所恐怖症なので、彼の気持は痛いほどよく判った
私の場合は、「せっかくしまなみに来たのだから」という

欲望が恐怖症に勝った

のであるよ


多々羅しまなみ公園より多々羅橋を望む
多々羅しまなみ公園より多々羅橋を望む


多々羅大橋を降りたところに「多々羅しまなみ公園」という道の駅があった
すでに13時半をまわっていたのでここで小休憩

お約束のソフトを食べるのだが、ケンケンさんは早くもここで「塩ソフト」を注文
私とゆるポタさんは、やはり塩といえば伯方の塩だから

伯方島で食べるべし

と、柑橘ソフト(愛媛だからね)を注文

その名も「きよみ」と「ニューサマーオレンジ」だ
(全然名前の付け方が違うのだな)


御当地ソフト
御当地ソフト


ここから先は再びサイコン(Edge705)の案内に頼る

最初は自転車道を発見して喜んでいたのだが
だんだん坂道になってきた・・・どうも峠越えをするらしい
むほっ、

空腹で坂は辛いな


三村峠越え
三村峠越え


空腹の状態で、なんとか峠を越えたのは
もう少しすれば「おいしい昼食にたどり着ける」との一念からだった

長ーーーーーい下り道を下りながら
もしかして、帰りはこの道を逆に登るのか?という考えを

怖くて口にだせなかった

のは私だけではあるまい
とりあえず目の前の食事の事だけ考えよう!
と自分に言い聞かせたのであるよ

そして、ついに噂のお店「大漁」を発見したのである
しかし目に入ったのは「大漁」の看板だけではなかった

大勢の待ち行列の人達

も目に飛び込んだのである


大漁の前には待ち行列が
大漁の前には待ち行列が


時間はすでに14時半をまわっていた

このまま待ったら昼食は何時になるのであろうか
あの行列の最後尾に並ぶ気力は無かった・・・

せっかく苦労して来たのだからと、並ぶ選択肢もあることはあったのだが
私の頭の中に浮かんだのは、昼食が遅くなると満腹で旅館の

夕食がおいしく食べられない

という恐怖であった

もう昼食はどこでも良かった
一刻も早く食べねば!!

そしてその後も迷いながら、やっとたどり着いたお店は
せとうち茶屋」というお店であった


せとうち茶屋
せとうち茶屋



タイめし付きのつけ麺セット
タイめし付きのつけ麺セット


お腹が満たされると、忘れようとしていた

帰りの長い坂

を思い出してしまった
あの道を引き返すのはやだな(笑)

ここで尾道駅でもらった「しまなみ海道サイクリングマップ」の地図を見つめる
ここまで島の真ん中を横切ってきた訳だが、

引き返さずに海岸線を回るルート

もあるではないか

最初に到着した生口島のサンセットビーチを思い出しながら
満場一致で海岸線ルートを目指す事にしたのである


海岸線を目指して
海岸線を目指して


問題は海岸線に出るまでに、ショーカットで島を横切る部分であった
地図の等高線を見る限り坂を避けられそうであったが
実際に走って見ると、世の中はそんなに甘くなかった

まぁ、まったく坂が無いとは思っていなかったが
ケンケンさんのブロンプトンは3速なので、ちょっと辛そうであったな

そして、やっと海岸線に出てホッとしたのであったよ


遠くに見えるのは伯方・大島大橋か
遠くに見えるのは伯方・大島大橋か


2時半過ぎても「大漁」に大勢並んでいたのは、ある意味想定外であったが
実は、真の想定外は、海岸線に出てから始まったのである

なんと

海岸線のクセにアップダウンの連続

であったのだ

峠越えなど、坂を覚悟している場合はそれなりにガンバレるのであるが
平地で楽ができると思い込んでいる道でアップダウンがあると精神的に辛い

途中から登りを発見すると、皆、

声を出して笑い出す

のは、少し心が壊れ始めたからかもしれないな


大三島橋が見えてきた
大三島橋が見えてきた


やっと大三島橋が見えてきた時には
多々羅大橋と違った意味で感動したものである

大三島橋は全長328mなので、しまなみの橋の中では一番短い
その代わり橋上の自歩道は非常に幅が広く
自転車と原付は同じ車道を通るようになっている

ある意味時代先取りの自転車道

であるな


大三島橋は原付と自転車が同じ車道を通る
大三島橋は原付と自転車が同じ車道を通る


そして大三島橋を渡りきると、
いよいよ初日の宿泊所がある伯方島に上陸することになるのであるよ


伯方島に上陸
伯方島に上陸


P.S.
案内所でもらった「しまなみ海道サイクリングマップ」であるが
表面の地図の他に裏面にはおすすめサイクリングコースが載っている

今回初日のコースを裏面で確認してみた
緑の線で追加したものが私達が走ったコースである


初日のコース
初日のコース


よく見れば、各コースが色分けしてあるではないか
大三島の道を良く見れば海岸線コースは青色であった

青色といえば・・・

上級者コース

ではないか
あの時裏面を確認すれば良かったな(^^;


どおりで坂が多かったはずだ
どおりで坂が多かったはずだ


という訳で、ケンケンさん
ブロンプトンの3速でも、どこでも行けることが証明されましたね
次回は亀老山に挑戦しましょう(笑)

- 撮影機材 -
Nikon D300
AF-S DX VR 18-200mm F/3.5-5.6G
RICOH GR DIGITAL III
スポンサーサイト


コメント

  1. ぽん太 | URL | dg8KrjFs

    Re: Sは想定外のS ~S計画(大三島編)~

    けっこうな峠越えされたようで
    まったく記憶にないです(笑)
    海岸沿いのアップダウンは隠岐を思い出しました。(^_^;)
    橋を登る景色は憶えてますが他のコースの記憶が全くありません。
    やはり苦難の記憶を残しておけるブログは必要ですね。

  2. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: ぽん太さん

    ぽん太さん、こんにちは

    > けっこうな峠越えされたようで

    おおげさに書きましたが峠といっても、
    そこは自転車道が通る道ですからそれなりです(笑)
    生口島の道があまりに楽だったので、そのギャップはありましたけどね

    > やはり苦難の記憶を残しておけるブログは必要ですね。

    私の場合はまさに、後で思い出す為にも記事にしている側面があります
    なんたって「いつか見た」風景ですからね^^

  3. nasuka | URL | -

    Re: Sは想定外のS ~S計画(大三島編)~

    Garminで記録したものをルートラボにアップしてますが、
    後から眺めると、しまなみって結構アップダウンがありますよね↓
    http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=4666329d17134d0478638021164435ff
    橋を越えるときは、大なり小なり登らせますし。
    まぁ、私の場合、亀老山がありましたから、
    他の坂は皆平坦化されてしまいましたけどね~~(^_^;)
    (もちろん、押して上がりましたよ爆)

  4. one's | URL | aBlzgXg6

    Re: Sは想定外のS ~S計画(大三島編)~

    しまなみ街道って、平らな道とばかり思ってましたが
    峠もあるんですねぇ~
    しかも、コース分けされているとは・・・

    あれぇ~
    いつかさんって、中級者ぢゃないんぢゃ・・・

    あぁ~しまなみ走りたいです。
    勿論、自分は、初心者コースです^^

  5. ゆるポタ | URL | GwI18cS2

    Re: Sは想定外のS ~S計画(大三島編)~

    今回はグルメ旅行のはずでしたが、いきなり昼食は何処でもいいと言う
    感じになってしまいましたよね(爆)
    結局、塩ソフトも食べれなかったし・・・
    小さな島でも、あんなに坂だらけとは、ほんとに想定外でした^^;
    笑うしかなかった(爆)

  6. ケンケン | URL | rolxWucI

    Re: Sは想定外のS ~S計画(大三島編)~

    いつかさん 今晩は
    しまなみの旅順調に続いてますね(笑)
    やはり記録係としては適任ですね
    忘れていた事まで思い出させてくれますからね
    ところで・・・・「上級者コース」???ってどういう事です?
    聞いてないですよ(爆)  それならば仕方ない事ですね
    私があそこまで頑張った事は、表彰ものですよね
    ようやく自分に自信がもてましたよ
    いつかさん ありがとう(笑)

  7. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: nasukaさん

    nasukaさん、こんにちは

    > 後から眺めると、しまなみって結構アップダウンがありますよね↓

    通るルートによりかなり違うようですね
    そういう意味でも初心者から上級者までいろいろ楽しめる場所だと思います

    > まぁ、私の場合、亀老山がありましたから、
    > 他の坂は皆平坦化されてしまいましたけどね~~(^_^;)

    こうしてみると亀老山は別格ですね

    > (もちろん、押して上がりましたよ爆)

    うぉ、nasukaさんが押して上がるとは
    ゆるポタさんは登る気満々でしたが、行かなくて良かったかも(爆)

  8. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: one'sさん

    one'sさん、こんにちは

    > しまなみ街道って、平らな道とばかり思ってましたが 峠もあるんですねぇ~
    > しかも、コース分けされているとは・・・

    私達も知らずに行きましたからね
    知っていたら初心者コースを選択して通っていましたよ(笑)

    > あぁ~しまなみ走りたいです。

    しまなみはいろいろ楽しめますよ
    one'sさんもぜひ!

  9. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: ゆるポタさん

    ゆるポタさん、こんにちは

    > 今回はグルメ旅行のはずでしたが、いきなり昼食は何処でもいいと言う
    > 感じになってしまいましたよね(爆)

    あの時、夕食の事を考えなかったら意地でも並んでいたのですけどね(笑)
    次回は近場のしま一にしましょう(爆)

    > 小さな島でも、あんなに坂だらけとは、ほんとに想定外でした^^;
    > 笑うしかなかった(爆)

    あの状況で笑える仲間と一緒で良かったですよ
    良い思い出です^^

  10. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: ケンケンさん

    ケンケンさん、こんにちは

    > 忘れていた事まで思い出させてくれますからね

    私のモットーは忘れた頃に書いて一粒で二度楽しむ事ですから(笑)

    > ところで・・・・「上級者コース」???ってどういう事です?
    > 聞いてないですよ(爆)  それならば仕方ない事ですね

    地図の裏面には気が付きませんでしたよね
    でもあの時は知らない方が幸せだったと思います(爆)

    > 私があそこまで頑張った事は、表彰ものですよね
    > ようやく自分に自信がもてましたよ

    今回一番頑張ったのはケンケンさんのブロンプトンですね
    3速でどこでも行ける証明ができたのではないですか^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itukamita.blog114.fc2.com/tb.php/246-e0f3272f
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。