スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族記念日

2009年6月7日(日)

世の中には色々な記念日があると思うが
割とメジャーな記念日として結婚記念日というものがある

ちなみに結婚記念日の場合
婚姻届を出した日と、結婚式披露宴を行った日が違った場合

どの日を記念日にするか

という問題があるが、
我が家の場合で言えば、結婚式、披露宴を行った日としている
(我が家は5月6日である)

まぁ、指輪の裏の刻印もこの日だから
覚えやすい(というか忘れにくい)ということもあるのだ

しかしながら、この結婚記念日というのは
誕生日とかとは違い、殊更主張するのは妙に恥ずかしいものである
(特に子供が出来ると、その感は強い)

で、私はこの日を

「家族の誕生日」

と呼ぶ事にしている

この日が無かったら
今の家族は出来ていなかったからだ

その「家族の誕生日」であるが、今年は節目の回数となったのだよ
(年がバレるので回数は秘密である)

それまで、特別に祝った訳でもなかったが
思い返せば今まで嫁さんに何もしてやれていなかったので
今回は何か贈り物でもしようかと漠然と考えたのである

しかしながら、いざ贈り物を考えると
情けない事に何をプレゼントして良いか悩むのであった

困った時のネットだのみ

ということで、いろいろ検索したが
結局「気持ちが一番」という、ある意味王道にたどり着くことになる
(財布にも優しいしね)

なので、何の変哲も無いが、花束と手紙を渡すことにした

当日になって花屋に行き相談するが

花屋さん:「奥様はどんな花がお好きですか?」

むむむむむ
いざ問われると、即答できない自分が情けない・・・

私:「すみません、経験が無いので、お任せでお願いできますでしょうか?」

予算だけ告げて、店員さんにお任せすることにした
30分ほど掛かるとの事だったので、別の売り場で時間を潰し
戻ってくると花束が完成していた

見れば、ゆりピンクのバラとの組み合わせになっている

実は、私はゆりが少し苦手であった
(匂いがキツイのと、花粉が付くとなかなか取れないからである)

花の好みを話する時に、嫁さんの事ばかり考えて
自分の好みのことはすっかり飛んでいたのだ・・・

しかし、「お任せ」と言ったからには

男に二言はない

というか、文句は言えないだろう(^^;

まぁ、嫁さんは苦手じゃないから
実際には問題無いのだけどね

その花束に、簡単な手紙を添える

この手紙は花束を買いに行く前に会社に寄って書いたものである
(家だと恥ずかしくて書けない)

実は会社でイザ書こうとすると、思いは沢山あるのだが
うまく言葉にして書くことができなかった

さらに、やっぱり手書きが良いかなと思って
チャレンジするのだが、

自分で書いた字に愕然とする

普段から字は自慢できないのだが
なれない便箋に書こうとすると、字が真っ直ぐ書けないのだ

結局、予定の半分以下の量で便箋にワープロ印刷という
我ながら情けない結果になってしまった・・・

というように
花束も手紙も当初の予定通りとは行かなかったが
実際に嫁さんに渡したら(サプライズということもあり)
喜んでくれたみたいなので良しとするかな

その後、家族全員で記念写真を撮る

普段はカメラを向けると逃げ出す家族も、

今回は協力的である

デジイチを買って良かった
と思う一瞬であった(笑)


おまかせした花
「おまかせした花」 2009/05/06 from 自宅
by Nikon D300 SIGMA 30mm F1.4 EX DC/HSM


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itukamita.blog114.fc2.com/tb.php/27-3441bc46
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。