スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来待ストーンを訪ねて、再び ~T氏の写真展 second ~

2012年5月8日(火)


再びやってきた
「再びやってきた」2012/04/15 from 来待ストーン
by Nikon D300 Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2


その日、松江フォーゲルパークを早々に(でも無かったが)切り上げたのは訳がある
それは再び、来待ストーンを訪れる予定があったからである

実はtakesanさんの第2回の写真展「山の陰から 写し人の便り」
また松江市宍道町の来待ストーンで開催されていたのだ

せっかく島根の方に足を延ばしたので
帰りに寄ってみようと計画していたのであるよ

前回は車のナビに騙されて裏口から入ってしまったが
2回目となれば私も大人である

正規の駐車場にチョロQを止め

どうどうと正門から入った

のであった





トンネルを抜けると・・・
トンネルを抜けると・・・


トンネルを抜けるとそこは雪国・・じゃなかった
takesanさんの写真展の会場であるレストランNatureがあった

なぜtakesanさんがここで写真展を開くようになったかは
第1回の時にも書いたが

狛犬の縁

であったという

人の人生はおもしろいもの


D3C_1563-ss_20120508214436.jpg


私が訪ねた時は残念ながらtakesanさんは不在であったが、
写真展を見に来たと告げると、お店の方が親切に案内をしてくれた

ちなみにこの日はお店が別のイベントと重なっていたのであるが
そのイベントは元宝塚歌劇団のスプリングコンサートであった

ということはtakesanさんの写真展は

宝塚ジェンヌと同等の価値

があるということである(笑)
(さらに案内ポスターの大きさでは勝っているではないか)


宝塚と並ぶ
宝塚と並ぶ



D3C_1581-ss.jpg


第2回写真展のサブタイトルは
山陰の四季(晩秋から春へ)である

~ 晩秋から春へと移り行く季節の風景と狛犬の写真で構成しました ~

takesanさんのコメントのとおり、季節感満載の写真がいっぱいだ
第1回に比べ、写真のディスプレイも凝っている

さらに印刷も一部和紙を使ったりとか、新たなチャレンジもされているではないか
まさに

継続は力なり

だな


第3回も期待
第3回も期待


この写真展は5月13日(日)まで来待ストーン内のレストラン「Nature」で開催されている
残り僅かであるが、興味を持たれた方はぜひ訪れてみて欲しい


- 撮影機材 -
Nikon D300
Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2

スポンサーサイト


コメント

  1. 陽 | URL | -

    Re: 来待ストーンを訪ねて、再び ~T氏の写真展 second ~

    片手だけで1日でこんなに撮ってるってスゴイですね。
    僕は今回の写真展にいけないので
    これ見て行った気になってます。

    手が完治してたらもっと凄かっただろうと思うとスゲーの一言です。

  2. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: 陽さん

    陽さん、こんにちは
    フォーゲルパークでは大変お世話になりました

    > 片手だけで1日でこんなに撮ってるってスゴイですね。

    握れなかったのでレンズ交換は辛かったですが
    撮影自体は両手で可能でしたから大丈夫でした
    それに撮っている時は痛みを忘れるのですよ(笑)

    > 僕は今回の写真展にいけないので
    > これ見て行った気になってます。

    当日も小さいお子さんが一緒だったのでしかたなかったですね
    でもよいお父さんぶりで感心しましたよ^^

  3. ぽん太 | URL | dg8KrjFs

    Re: 来待ストーンを訪ねて、再び ~T氏の写真展 second ~

    T氏の写真展行かれましたか
    今回は狛犬以外の景色とかあるようですね
    連休といってもほとんど無理矢理子守りを押し付けられ
    なかなか出かけるチャンスがなかったりします。
    和紙を使った印刷とはおもしろそうですね。

  4. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: ぽん太さん

    ぽん太さん、こんにちは

    > 今回は狛犬以外の景色とかあるようですね

    前回もそうでしたが、狛犬だけだとマニアックすぎるので
    一般の人も楽しめるように通常の風景も混ぜているのだと聞いています

    > 和紙を使った印刷とはおもしろそうですね。

    こういうのは発想自体が楽しいものですね
    実物を見ましたけれど全然違和感も無かったですよ^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itukamita.blog114.fc2.com/tb.php/300-a012695f
この記事へのトラックバック

まとめtyaiました【来待ストーンを訪ねて、再び ~T氏の写真展 second ~】

2012年5月8日(火)「再びやってきた」2012/04/15 from 来待ストーンby Nikon D300 Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2その日、松江フォーゲルパークを早々に(でも無かったが)切り上げたのは訳があるそれは再び、来待ストーンを訪れる予定があったからである実はtakesan?...



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。