スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激突、2大イベント(その1:計画編)

2009年6月22日(月)

先月のことだが、イベントが重なった日があった
5月24日のことである

この日は「美保基地航空祭」と「ホーランエンヤ(還御祭)」が重なったのだ

今まで航空祭とかは別段に興味もなく、当然行ったこともなかったのだが
例の「世界砂像フェスティバル」でブルーインパルスの妙技を見てから

がぜん興味が湧いたのである

そして「もう一度蒼い稲妻の衝撃を見たい」と思っていたら、
鳥取県美保基地の航空祭にはブルーインパルスが毎回来るというではないか
(そしてその航空祭が5月24日とのことであった)

思ったより早く機会が訪れたゾ
きっと私の

普段の行いが良いからだナ

しかし、ここで一つの問題が発生した
同じ5月24日にホーランエンヤの還御祭が開催されるのだ

ホーランエンヤとは日本三大船神事の一つで、
島根県松江市で行われる全国でも最大級の船祭で
5月16日(土)に渡御祭、
5月20日(水)に中日祭、
5月24日(日)に還御祭
が行われる予定となっていた

圧巻なのはその開催周期である

なんと12年周期なのだ

つまり12年に1回の行事である

本当は渡御祭に行ければ良かったのだが、
用事があって行けなかったのだ
(中日祭は平日なので無理)

よって最終日の還御祭に掛けていたのである
ところが前述の航空祭と重なってしまった

本来なら毎年ある航空祭と12年に1度のホーランエンヤでは
比較にならないかもしれない

しかし、先日青い衝撃に魅せられた私には
航空祭も捨てがたいものがあったのだよ
(俗に後ろ髪を引かれるという)

で、2つのイベントのHPを穴が開くほど見ていたら
気がついたことがあった

ホーランエンヤの一番の見どころは大船団の上で
櫂伝馬踊」という踊りを舞うところにあるのだが
還御祭においては松江の大橋川で櫂伝馬踊をするのは12:30~14:45の予定である

一方、美保航空祭は朝9時からの開催であった
そして、大部分のイベントは午前中開催
肝心のブルーインパルスの登場予定は14時頃らしい

ちなみに美保基地から松江市までは、
車を30分も走らせれば到着できる・・・

これなら、うまくすれば掛け持ちが出来るかもしれない!!
つまりこういうことだ

・午前中に航空祭を見て12時前に美保基地から松江市に向かう
・そして、ホーランエンヤを13時過ぎまで見たら、再び美保基地に向かうのだ

完璧な計画である

そしてワクワクしながら当日を迎えたのであった

しかし、朝早く目を覚ましてガッカリすることが一つ
なんと

雨が振りそうな気配

だったのだ
(がーん、いきなり気分がヘコム)

アレ?おちゃめな天気の神様って
私の普段の行いの良さに気づいていないのカナ(^^;

一瞬出かけるべきか悩んだが
とりあえず、ダメもとで行ってみるか・・・
(雨で満足な写真は撮れないかもしれないけれど)

で、MyチョロQにカメラ雨具を入れたバックを積んで飛び出し
美保基地近くの臨時駐車場に車を止め、会場へのピストンバスに乗り込んだのだ

このバス、往復で500円なり・・・高!!

まぁ、駐車場代がタダだから良しとするか


専用バス?の勇姿
「専用バス?の勇姿」


しかし、この広大な駐車場と、ものものしい警備員の数を見たら
私はとんでも無い勘違いをしていたことに気が付く

これ、

一度出たら、もう戻るの無理だろう(^^;

航空祭の人出なめてました・・・

(続く)

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itukamita.blog114.fc2.com/tb.php/31-f168f250
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。