スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mは街の灯りのM ~レトロ地区夜の散歩~

2012年12月14日(金)


レトロ地区夜景
「レトロ地区夜景」2012/11/3 from 門司港レトロ地区


ホテルにチェックインした後、ゆるポタさんと夜の街に繰り出した

普通なら男二人、「夜の街に繰り出す」といえば

お姉さんが待っている歓楽街が定番

であるが
二人を待っていたのはキレイなお姉さんではなく、

レトロの夜景

であったのだよ
(まぁ、キレイという意味では共通点があるが)



DS7_1916r-ss.jpg



DS7_1906r-ss.jpg



DS7_2000r-s.jpg


夜景撮影となると、やはり三脚が欲しくなるのだが
さすがに今回の自転車旅に三脚を持参する

勇気も体力もなかった

とりあえずISOを上げてブレないように・・・って結構ノイジーになるな(^^;
なかなか丁度良いバランスにならない

そんな私を尻目に、ゆるポタさんはコンデジ素晴らしい夜景を撮っていた
なんだかなぁ(笑)


DS7_1913-ss.jpg



DS7_1927r-ss.jpg



DS7_1905r-s.jpg


海峡プラザ前の広場で
丁度、女性二人組のジャズ演奏が行われていた

ライトアップされた建物に、ジャズの響き

贅沢な空間

がそこにはあった
あぁ、ここでも命の洗濯ができるぞ^^


DS7_1995-ss.jpg



DS7_1966r-ss.jpg



DS7_1912r-s.jpg


そしてこの後、二人はこの地区の名物「焼きカレー」を食べに
地ビール館に消えていったのであるよ


- 撮影機材 -
Nikon D700
AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZF.2
スポンサーサイト


コメント

  1. solo | URL | -

    Re:Mは街の灯りのM ~レトロ地区夜の散歩~

    いつかさん
    おはようございます。

    スタートからいいお写真が続きラストまで一気ですね。
    参りました。
    うちのかみさんもいつかさん&ゆるポタさんのブログが大好きで
    お気に入りに登録したようです。
    かみさん曰く「これ日本なの!」
    この言葉ってカメラマン冥利に尽きませんか!

    夫婦させて頂いてます連合い(小生)ですら、一度も聞いた事がありません。
    どうぞ 家庭不和の原因になるようなお写真の掲載は止めて下さい(大笑)。
    小生がノイジーになります。

    >あぁ、ここでも命の洗濯ができるぞ^^
    こちらは寿命が・・

    次回は、Mは名物焼きカレーのM
    ってな事になるのかな~^^

  2. ぽん太 | URL | dg8KrjFs

    Re:Mは街の灯りのM ~レトロ地区夜の散歩~

    すご〜っ、めちゃロマンチックな夜景ですね
    まるで海外のような雰囲気抜群ではありませんか
    手持ちでもノイズ感ないですよ手ぶれ補正付きレンズでしょうか?
    最近の夜景のネタを見て自分も手振れ補正レンズ使って試しましたが
    ISO1600で1/20秒くらはいけるように思いました。

  3. nasuka | URL | -

    Re:Mは街の灯りのM ~レトロ地区夜の散歩~

    おお、またカップルですね!
    心理学の知見から分析すると、
    これは、いつかさんの願望が投影されてるのではないかと(爆)

    だんだん「M」に節操がなくなってきましたが(笑)、
    夜景、手持ちですか??すばらしい~~!
    私が撮ると、建物と空の境界が分からなくなるくらいブレますよ(^_^;)
    まるで海の上にビルが浮かんでいるような、
    とってもロマンチックな風景ですね~~

  4. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: soloさん

    soloさん、こんにちは

    > スタートからいいお写真が続きラストまで一気ですね。
    > 参りました。

    ありがとうございます
    soloさんに褒められると照れてしまいますよ^^

    > うちのかみさんもいつかさん&ゆるポタさんのブログが大好きで
    > お気に入りに登録したようです。

    つたないブログですが、訪れていただけると嬉しいですね

    > かみさん曰く「これ日本なの!」
    > この言葉ってカメラマン冥利に尽きませんか!

    うーん、私の力というより
    レトロ地区の魅力がそう感じさせているのだと思いますよ

    > 夫婦させて頂いてます連合い(小生)ですら、一度も聞いた事がありません。

    奥様はきっと言葉を必要とされていないのだと思います
    soloさんの写真は半端な言葉では魅力を充分伝えられませんからね

    > 次回は、Mは名物焼きカレーのM
    > ってな事になるのかな~^^

    しまった、そのネタを思いついていたら
    今回の記事に書かなかったのに(笑)

  5. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: ぽん太さん

    ぽん太さん、こんにちは

    > すご?っ、めちゃロマンチックな夜景ですね
    > まるで海外のような雰囲気抜群ではありませんか

    確かにロマンチックでしたね
    思うに程よい閑散感があるのが日本の都会とは違って良いのかもしれません

    > 手持ちでもノイズ感ないですよ手ぶれ補正付きレンズでしょうか?

    ブログ用にリサイズすると少し誤魔化せますが
    実際のデータは結構ノイズが乗っています(^^;

    16-35mmは手振れ補正付きです
    そのおかげで広角側は1/15秒でもなんとか行けそうでしたが
    やはり1/30秒は欲しいところです
    50mmのほうは手振れ補正ついていないのでやっぱり1/50秒は欲しいですね
    ISOは今回1600~3200が一番多かったです

    ちなみに私のコンデジのGRD3は手振れ補正が付いていないので
    今回の夜景は全滅でした(^^;
    手振れ補正付きのコンデジはマジで欲しくなりましたよ

  6. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: nasukaさん

    nasukaさん、こんにちは

    > 心理学の知見から分析すると、
    > これは、いつかさんの願望が投影されてるのではないかと(爆)

    ビンゴです(笑)
    私はカップルを見ると無性に撮りたくなるのですよ(爆)

    > だんだん「M」に節操がなくなってきましたが(笑)、

    毎回苦しんでいますよ
    なんたって今回タイトルで記事の中身が決まりますからね(笑)

    > 私が撮ると、建物と空の境界が分からなくなるくらいブレますよ(^_^;)

    今回は広角が多いですからまだマシですが
    私も標準以上で手持ち撮影するとブレブレ量産マシンになってしまいます

    > まるで海の上にビルが浮かんでいるような、
    > とってもロマンチックな風景ですね~~

    丁度、門司港ホテルの手前が入り江になっていますから
    足元を隠すと海側から近づいて見たような風景に見えますね^^

  7. ゆるポタ | URL | GwI18cS2

    Re:Mは街の灯りのM ~レトロ地区夜の散歩~

    なるほど〜デジイチで撮ると、こんな風に写るんですね。
    ISO感度を上げているためか、こんなに明るかったっけと思うものもありますが
    静かな佇まいを感じさせるじゃないですか。
    私としては、光と影を感じさせるラストの写真がベストかな。

    この雰囲気な中での生演奏は良かったですよね。
    電話ボックス、いつかさんも撮ってたんだ(笑)

  8. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: ゆるポタさん

    ゆるポタさん、こんにちは

    > なるほど?デジイチで撮ると、こんな風に写るんですね。

    きっとゆるポタさんがD700を持ってきていたら
    また違った雰囲気のものを撮られたでしょうね
    今回ゆるポタさんのコンデジの写真を見て
    つくづくそう思いましたよ^^

    > 私としては、光と影を感じさせるラストの写真がベストかな。

    灯りを直接入れると露出調整が難しいですね
    ゆるポタさんのコンデジのほうがバランスよく撮れていて驚きました

    > この雰囲気な中での生演奏は良かったですよね。

    演奏もうまかったですよね
    また演者がキレイな女性ペアだったのも良かったです(笑)

    > 電話ボックス、いつかさんも撮ってたんだ(笑)

    久々に電話ボックスを見たのと
    まわりの風景とアンバランスだったのでつい撮りました^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itukamita.blog114.fc2.com/tb.php/351-bd21ecb9
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。