スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォトフェスティバル (その1:久々の植田正治写真美術館)

2013年6月5日(水)


植田正治生誕100年
「植田正治生誕100年」2013/05/05 from 植田正治写真美術館
by Leica D-LUX6


ちょっとした油断で自転車で転倒してしまい右足と右手に怪我をしてしまった

本当はブログ友達と滝撮りに行く予定にしていたのだが
とても山道を三脚を担いで歩ける状況ではなくなってしまい
私だけ泣く泣くキャンセルしたのだよ

本当は自宅でジッとしていなければ成らないのだが
せっかくの休日に家にいると

カビが生えてしまう

丁度、植田正治生誕100年を記念してフォトフェスティバルが開催されるらしいとの情報を得て、
いそいそと植田正治写真美術館に向かったのであったよ

実は夜のイベントを見るつもりだったので夕方遅くに行ったら
既に美術館の

最終入館時間は過ぎていた

(最終入館時間は午後4時半だった)

まぁ、夜のイベントがメインだから良いかと思ったら
今度は

天候不良でイベントは延期

となってしまった(^^;
(なにしに行ったのだろう)

くそーこのままでは終われない
結局次の日にもう一度美術館を訪れたのであったよ
もちろん前日に学習したので今度は美術館が閉館する前である(笑)




L1000304wi-ss.jpg



L1000376wi-ss.jpg



L1000310wi-s.jpg



ちょうど美術館の中では生誕100年記念特別企画展として
“植田正治の「実験精神」”が開催されていた

初期から晩年までさまざまな写真が展示してあったので
その変化を楽しむことが出来てお得な展示会であった

なんとコンデジの作品もあったが
植田正治先生にかかると

コンデジでも植田調になる

のはスゴイものだな



L1000328wi-ss.jpg



L1000314i-ss.jpg



L1000367wi-s.jpg



植田正治写真美術館の中には映像展示室が常設してあり
その壁面には最大直径600mmという世界最大のカメラレンズが埋め込まれている
(レンズの焦点距離は8,400mm、F値32、画角は21度、胴胸部を含めた重量は625kg)

丁度、映像展示室が巨大なカメラの内部構造に見立てられているので
レンズを開くとリアルタイムの逆さ大山が綺麗に映し出される

この日はフィルム上映もされており
生前の植田正治先生の話を聞く事ができた

「撮りたいものを撮りたいように撮る」

恐ろしいほどストレートな言葉
まさに星飛雄馬の剛速球のようである

この言葉を聞けただけでも来た甲斐があったかもしれない



L1000322wi-ss.jpg



L1000371wi-ss.jpg



L1000408i-s.jpg



そうこうしているうちに
美術館の周りに人が集まってきた

(続く)

- 撮影機材 -
Leica D-LUX6
スポンサーサイト


コメント

  1. solo | URL | -

    Re:フォトフェスティバル (その1:久々の植田正治写真美術館)

    いつかさん おはよう

    植田先生 いいですね♪

    この笑顔でかみさんとツーショットあります
    私が撮りましたので、自分はありません
    「残念!!! 」

    最後のお写真 植田調?

    行かれた
    成果あり!、ですね(笑)

    このモダニズム&ダンディズム
    「憧れ!」です

  2. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: soloさん

    soloさん、こんにちは

    > 植田先生 いいですね♪
    > この笑顔でかみさんとツーショットあります

    おぉ、それはスゴイです
    良い記念ですね^^

    > 私が撮りましたので、自分はありません
    > 「残念!!! 」

    奥様に撮ってもらえば良かったのに(笑)

    > 最後のお写真 植田調?
    > 行かれた
    > 成果あり!、ですね(笑)

    あはは、それっぽかったので隠し味に載せて見ました(爆)

  3. ヲアニー | URL | 0iyVDi8M

    Re:フォトフェスティバル (その1:久々の植田正治写真美術館)

    5月4日でしたね。
    ゆるぽん太さん(笑)と私と3人で滝撮影に行ったときに、けがされたことを聞きました。
    こうしてUPされたり、私のところへ迷惑コメント(爆)されているので、完治されたことでしょう。

    実は、伯耆町民でありながら、まだここの写真を見に行ったことないのですよ(笑)
    (何年か前に、仕事の関係で中に入ったことはありますが。)
    5月5日に夜のイベントは開催されたようで。
    これで1か月ルールは守られましたね(笑)
    次回も期待しています。

  4. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: ヲアニー さん

    ヲアニーさん、こんにちは

    > ゆるぽん太さん(笑)と私と3人で滝撮影に行ったときに、けがされたことを聞きました。
    > こうしてUPされたり、私のところへ迷惑コメント(爆)されているので、完治されたことでしょう。

    久々の滝撮りだったので楽しみにしていたのですが
    自分の不注意で行けなくなって傷心状態でした(^^;
    まぁ、去年の春は左手を痛めて完治まで6週間かかりましたが
    それに比べて今回は1週間で右足の痛みはとれましたから
    神のご加護があったと自分には言い聞かせています(笑)

    > 実は、伯耆町民でありながら、まだここの写真を見に行ったことないのですよ(笑)

    なんとそうだったのですか
    ここは一度見られたほうが良いですよ
    建物自体がアートですからいくらでも時間がつぶせます^^

    > 5月5日に夜のイベントは開催されたようで。
    > これで1か月ルールは守られましたね(笑)

    本当は5月4日の記事から書きたかったのですが、
    1ケ月過ぎてしまったので、前日の日の回想という秘技でしのぎました(爆)
    最近、私にしては記事のペースが激早なのでかなり辛いです(^^;
    (家族とPCの奪い合いなのですよ)

  5. LEVIN' YOU | URL | -

    Re:フォトフェスティバル (その1:久々の植田正治写真美術館)

    結局、このイベント期間中は足を運ぶことができませんでした・・・

    ときどきここの空間に入ると、写真に対する何らかのヒントを貰える気がします。

  6. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: LEVIN' YOUさん

    LEVIN' YOUさん、こんにちは

    > 結局、このイベント期間中は足を運ぶことができませんでした・・・

    いろいろなイベントがされたようですね
    私もチェックが甘かったので他のイベントは見逃してしまいました(^^;

    > ときどきここの空間に入ると、写真に対する何らかのヒントを貰える気がします。

    私もここに来ると、気持ちがリフレッシュされます
    うまく表現はできませんが、きっと錆び付いて固まっていた心が動くのでしょうね

  7. ぽん太 | URL | dg8KrjFs

    Re:フォトフェスティバル (その1:久々の植田正治写真美術館)

    そう言えば後でブログで知ったのですか
    こうゆうフェスティバルがあったんですね
    延期になったのは聞きましたがいつかさん行かれてたんですね
    なんか散々な日でしたね(^_^;)
    でも次の日も行かれたんですね
    外観にスライド映し出すやつですよね
    あれはすばらしいですね肉眼で見てみたかったです。

  8. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: ぽん太さん

    ぽん太さん、こんにちは

    > そう言えば後でブログで知ったのですか
    > こうゆうフェスティバルがあったんですね

    いろいろなイベントがあったようなのですが
    私もチェックが遅くなり受付締め切りのものが多かったです(^^;

    > 延期になったのは聞きましたがいつかさん行かれてたんですね

    GW後半は予定が狂って家で悶々としていましたからね(笑)

    > 外観にスライド映し出すやつですよね
    > あれはすばらしいですね肉眼で見てみたかったです。

    映像も良かったですけど
    音楽も生演奏で大変良かったですよ
    こんなことなら動画で撮っておけばよかったと後悔しています

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itukamita.blog114.fc2.com/tb.php/395-6e1c2997
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。