スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初体験、銀塩プリントの世界(その1:特大モノクロネガ作成)

2013年8月27日(火)


手作り特大ネガ

「手作り特大ネガ」2013/08/04 from 植田正治写真美術館
by Leica D-LUX6



私はデジタルになってからカメラを趣味にしたので
昔ながらのフィルムカメラの経験がほとんどない

まぁ、歳からいえばバリバリのフィルムカメラ世代なのであるが
使ったことのあるフィルムカメラといえば

押せば写る

的なカメラばかりであったし
現像という言葉は知っていたが、それはお店がするもの

自分とは関係ない世界

だと思っていた

そんな銀塩素人の私がヒョンナことから
銀塩プリントを体験する機会に恵まれた

それは「植田正治生誕100年記念事業」の
モノクロ銀塩プリント夏のワークショップであった




光と影の階調によるモノクロ独特のプリント表現の美しさ、
ご家庭のインクジェットプリンタでは味わうことができない銀塩プリントの味わいは、
写真がデジタル化した今日でも変わることはありません。

また、自らの手により暗室で写真プリントを仕上げる作業では、
ものづくりの充実感を愉しむことができます。

植田正治が愛したモノクロプリントを生誕100年となるこの年、
生前植田正治が作品を生み出してきた暗室で、
1枚の作品を生み出してみませんか?

~モノクロ銀塩プリント夏のワークショップより


なんと心をくすぐる魅惑的な言葉が並んでいるではないか

さらに今回はハイブリッド方式ということで
デジタルカメラで撮ったデジタルデータからネガを作成するコースもあるという

あっぱれ!ハイブリッド!!

参加費もハイブリッドコースでも1500円とリーズナブルである
(現像済みネガコースは1000円)
これならお父さんのお小遣いでも参加できるぞ


モノクロ銀塩プリント夏のワークショップ
モノクロ銀塩プリント夏のワークショップ



講師の方は写真家の瀬尾浩司さん

植田正治先生に師事されていた事もあって、
植田正治写真美術館のイベントには何回か参加されているらしい

また瀬尾さんは
福山雅治、つるの剛士のCDジャケットやAKBの写真集も手がけられており
月刊EXILEでも写真連載をされているとのこと

非常に柔らかい話しぶりの方で、大変説明も分かり易かった



月刊EXILE
月刊EXILE



瀬尾浩司先生
瀬尾浩司先生



ハイブリッド方式でのデジタルデータからネガを作る方法は
PICTORICO(ピクトリコ)の

デジタルネガ用フィルム

を使うものであった

最初にMACのPhotoshopでデジタルデータを読み込み、
そこで

モノトーン化及びネガ反転

を行う



Photoshopで変換
Photoshopで変換



モノトーンの出力データが出来たら、
それを

インクジェットプリンタ

でデジタルネガ用フィルムに印刷するのであった

かなりお手軽な方法なので
これからのお勧めとの事だった



デジタルネガ用フィルム
デジタルネガ用フィルム



今回、このワークショップには
ゆるポタさん、ゆるポタさんのFB友達のOさんと私の3人で参加した
(Oさんは神戸からこのイベントのためにわざわざやってこられたのだよ)

他にどんな人が参加してくるのかと思っていたら
ほとんど地元の学生さんだった
(地元高校の写真クラブ)

若い世代の写真の感性はまさに

青春していて

なんか新鮮だったな



学生さんと一緒に
学生さんと一緒に



事前にデータは3つ程度と聞いていたので
私もこの日のために用意したデータは3枚もってきていたのだが
時間の関係でこの日は各自2枚のネガを作成した

ここで昼休憩となり、ゆるポタさんとOさんとで食事に出かけた
そして午後からはいよいよ暗室を経験するのであったよ

(続く)

- 撮影機材 -
Leica D-LUX6

スポンサーサイト


コメント

  1. solo | URL | -

    Re:初体験、銀塩の世界(その1:特大モノクロネガ作成)

    この記事は、まさに昨今は・・
    という感じですね

    いつかさん 貴重な体験をされましたね
    暗室編が楽しみです

  2. いつか見た風景 | URL | Qi8cNrCA

    Re: soloさん

    soloさん、こんにちは

    > いつかさん 貴重な体験をされましたね
    > 暗室編が楽しみです

    soloさんからしてみれば「あたりまえ」の事が
    私にしてみれば驚きの連続でしたよ^^

    初歩的な事ばかりでしょうが
    やはり実体験すると感動しますね

  3. LEVIN' YOU | URL | GaenHm5U

    Re:初体験、銀塩の世界(その1:特大モノクロネガ作成)

    モノクロ現像とプリント。いつかやろうと企んでいますが、いまだ手が出せず・・・

    今時は、デジタルが介入してお手軽になりつつありますが、あえてフィルムでいきたい

    と思います。

  4. いつか見た風景 | URL | Qi8cNrCA

    Re: LEVIN' YOUさん

    LEVIN' YOUさん、こんにちは

    > モノクロ現像とプリント。いつかやろうと企んでいますが、いまだ手が出せず・・・

    現像する設備が必要ですから個人ではなかなか大変ですよね
    ただ、植田正治美術館の設備は、まとまった人数が集まれば
    今回の企画のように貸出がOKのようです
    ゆるポタさんとも話していたのですが、なんとか人数をそろえていつか開催してみたいですね


    > 今時は、デジタルが介入してお手軽になりつつありますが、
    > あえてフィルムでいきたいと思います。

    デジタルにはデジタルの良さが、フィルムにはフィルムの良さが
    それぞれあると思いますので、使い分けていくのが一番良いでしょうね^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itukamita.blog114.fc2.com/tb.php/414-c37a38bf
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。