スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブナの声は聴こえたか ~続・大山森のたいけん広場~

2013年10月29日(火)


集合は枡水

「集合は枡水」2013/10/12 from 大山枡水高原
by Nikon D300 AF-S DX VR 18-200mm F/3.5-5.6G


8月に参加した「大山森のたいけん広場」であるが
10月にも開催されたので、再び参加することになった

今回は

ブナ林の体験

ということで「大山横手道上ブナを育成する会」の作業に合流して行われたのである

そのため、集合場所は森のたいけん広場ではなく
大山の枡水高原であった

そこから車で大山環状道路で横手道の方へ向かう

「大山横手道上ブナを育成する会」は
林野庁が進める「市民参加の森づくり」構想に基づいて進める
森づくりのボランテイア活動である

その名が示すとおりブナ林の再生を目標として、カラマツ、ヒノキ人工林(国有林)を
ブナを中心とした森に誘導するための森林整備作業を行っているそうだ

今回私達は体験ということで、
ブナ植樹の準備作業としての伐採記念植樹に参加したのであったよ




D3C_0768-s6.jpgD3C_0712-s6.jpgD3C_0700-s6.jpg




D3C_0709i-ss.jpg



最初、育成する会の人に作業上の注意概要の説明を聞き
ハチ避けの網帽子軍手ノコ枝切りハサミを受け取る

その後、伐採中の林に入って行くのであるが
これが

大変な急斜面

なのだよ

前回の森のたいけん広場の会場が道から近く平坦だったことあり
今回も同様かと勝手に思い込んでしまったため
給水用の水をリュックに仕込んで来なかった事を後悔した

伐採は1mの高さの所で切るように言われた
この地域は雪が積もるので、伐採した木を1mほど残す事により
それが雪止めになるそうだ

なるほどと感心するのだが
急斜面でその高さを切ろうとすると手切りになってノコに力が入らない

「その木もお願いします」と言われて担当した木の直径は15cm近くあり

見た瞬間に眩暈がした

それでも木の伐り方を習い
なんとか二人で交代しながら手ノコで切って行った

最初に木を倒した時は達成感があったな



D3C_0721r-s6.jpgD3C_0743r-s6.jpgD3C_0733-s6.jpg




育成する会の人々は午前中一杯、伐採作業をされるという事であったが
私達は体験という事で、伐採は1時間半ほどで終わり記念植樹に移った

林の入り口近い場所に2ケ所穴を掘り
そこに2本のブナの苗木を植える

ちなみにこの苗木がリッパに育つには70年の年月がかかるそうだ

つまり、今一生懸命作業した結果が分かるのは

曾孫の代

という事になるな



D3C_0759i-ss.jpg



その後、場所を移り育成する会の人の案内でブナ林の見学をすることになった

伐採地のような急斜面だったらどうしようかと不安だったが
案内されたブナ林は比較的平坦な場所だったので皆ホッとしたのである(笑)



D3C_0772ri-ss.jpg



ここで

聴診器

が各自に渡された

何をするかと思ったら、ブナの木に当てると
うまく行けば木の中を通る水の音が聴こえるという

しばしチャレンジしたが
私は歳のせいか風の音しか聞こえなかった(^^;

ブナの葉は落葉して大地にたまり腐葉土となる
そのためブナ林の路は地面が柔らかい
聞けば1cmの厚さが増えるのに100年かかるそうだ
逆にいえば1cm掘ればそこは100年前の世界になるといえる

ブナの腐葉土は保水性が高く
またそこを通る水は濾過されて綺麗になるという

ブナ林は自然の貯水となるため

緑のダム

とも呼ばれるらしい



D3C_0778-s6.jpgD3C_0796r-s6.jpgD3C_0788-s6.jpg




D3C_0779ri-ss.jpg



ブナ林見学が終わると育成する会の人と別れ
森のたいけん広場へと移動した

最初にたいけん広場に行った時は結構森の中だと思ったが
伐採作業場所に比べれば平坦で歩きやすい場所だとつくづく感じたのであったよ

私はまだ2回目の参加なのだが
早くも

マイホーム感

があってホッとするな(笑)

ここで昼休憩となった
(お弁当はお約束で「大山おこわ弁当」である)



D3C_0818r-s6.jpgD3C_0813-s6.jpgD3C_0823r-s6.jpg




D3C_0812ri-ss.jpg



たいけん広場では前回の作業で薪割した
薪の贈呈式が行われた

実はこれはセレモニだけではなく
実際に薪を軽トラまで運ぶという

作業付き

である

お蔭でこの日の運動量はかなりの量となった
これで少しは痩せたかな



D3C_0830ri-ss.jpg



本当はこの日は赤松池でカヌー体験もあったのだが

水着が必要

とのことで若者にまかせ
年寄り軍団は早々に退散することになったのである(笑)

関係者の皆様お疲れ様でした^^


D3C_0804ri-s.jpg



- 撮影機材 -
Nikon D300
AF-S DX VR 18-200mm F/3.5-5.6G
スポンサーサイト


コメント

  1. solo | URL | -

    Re:ブナの声は聴こえたか ~続・大山森のたいけん広場~

    いつかさん おはよう

    またまたですね

    マイナスイオンの中で大山おこわ弁当
    いいですね

    最初の写真で背景に写っているススキ
    素晴らしい所です
    完成度の高い写真ですね

  2. nasuka | URL | -

    Re:ブナの声は聴こえたか ~続・大山森のたいけん広場~

    ホント、このイベントはいいですね。
    人間が手を入れない森は荒れてしまって、
    野生動物との境界がひけなくなって動物が里に出てくるというし、
    こうやって、楽しみながら整備できるといいですね。
    杉しか植わってない人工林の山よりも、
    雑木林の方が生命力を感じます。
    ところで、桝水のススキ畑もすごいですよね。
    これも、観光名所になりそうですね~~

  3. いつか見た風景 | URL | Qi8cNrCA

    Re: soloさん

    soloさん、こんにちは

    > マイナスイオンの中で大山おこわ弁当
    > いいですね

    この大山おこわ弁当は丁度出来立てを配達してもらったので
    まだ暖かくておいしかったですよ^^

    > 最初の写真で背景に写っているススキ
    > 素晴らしい所です

    この時間帯に枡水高原にいることはなかなか無いので
    本当はもっとじっくり撮っていたかったのですが
    集合時間の合間だったので後ろ髪を引かれながら移動しました(^^;

  4. いつか見た風景 | URL | Qi8cNrCA

    Re: nasukaさん

    nasukaさん、こんにちは

    > 人間が手を入れない森は荒れてしまって、
    > 野生動物との境界がひけなくなって動物が里に出てくるというし、
    > こうやって、楽しみながら整備できるといいですね。

    普段は気が付きませんが
    いろいろな人の努力があって森林は守られているのだとつくづく感じました
    前回もそうでしたが、野外授業として学校の教育に取り入れたら良いと思いますね

    > ところで、桝水のススキ畑もすごいですよね。
    > これも、観光名所になりそうですね~~

    普段は枡水側にはあまり行かないので
    私もノーチェックでしたがススキがスゴイですね
    時間帯を選べば面白い写真が撮れるかもしれませんね

  5. ヲアニー | URL | 0iyVDi8M

    Re:ブナの声は聴こえたか ~続・大山森のたいけん広場~

    ブナの木は、書いておられるとおり保水力があって、水源涵養林ですね。
    聴診器当てても水の音が聞こえなかったですか。
    地獄耳を持つ私なら、聴診器なくても聞こえるかも(笑)
    ブナ林の紅葉もいいですね。
    二の沢、三の沢を豪雨や台風の後に通ると、根こそぎ倒木しているのを見ることがありますが、こういう事業でブナ林を守ってほしいですね。

  6. いつか見た風景 | URL | Qi8cNrCA

    Re: ヲアニーさん

    ヲアニーさん、こんにちは

    > 聴診器当てても水の音が聞こえなかったですか。
    > 地獄耳を持つ私なら、聴診器なくても聞こえるかも(笑)

    最近目も悪いのですが耳も悪くなったようです(^^;
    もっとも家族からの悪口は良く聴こえるのですけどね(笑)

    > 二の沢、三の沢を豪雨や台風の後に通ると、根こそぎ倒木しているのを見ることがありますが、こういう事業でブナ林を守ってほしいですね。

    ブナの木が育つには何十年もかかりますから、
    ブナ林の再生には相当時間がかかるでしょうね
    育成の会の人々は自分達は結果は見れないけれど
    将来のために頑張っておられます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itukamita.blog114.fc2.com/tb.php/428-e3bb1d87
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。