スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神在り月の夕べ 2013 (その1:初めての加茂岩倉遺跡)

2013年11月3日(日)


神在り月の夕べ

神在り月の夕べ」2013/10/13 from 加茂岩倉遺跡
by Nikon D700 Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZF.2


1996年10月14日の事である
とある農道の工事中に大量の銅鐸が発見された

その数は最終的に39個
1ケ所からの出土としては全国最多だそうだ

出土した銅鐸は現在

国宝

に指定されている

それから17年
その地で地元のアーティストが集まってイベントが開催されるという

実は山陰に暮らしていて
恥ずかしながらこの加茂岩倉遺跡には行ったことが無かった

これは行かねばなるまい



DS7_3351i-ss.jpg



DS7_3357ri-ss.jpg



加茂岩倉遺跡にはガイダンス施設があり
そこには解説パネルや出土銅鐸のレプリカが展示されている

私が行った時は一人占めだったので、
施設の人からいろいろ話を聞くことができた
(解説ビデオまで見せてもらった)

やはり興味深いのは
358本という大量の銅剣が発掘された荒神谷遺跡との関係である
(358本というのはそれまでに全国で発見された銅剣の総数よりも多い)

というのは加茂岩倉遺跡荒神谷遺跡は距離にして
た った

3.4km

しか離れていない

さらに銅剣銅鐸という違いはあるが
どちらも工具で同じ×印が刻まれているものがあるなど
明らかに何等かの関係があったと見るのが自然であろう

こういう話を聞くと

古代出雲

の夢は広がるのであったよ



DS7_3367i-s.jpg



加茂岩倉遺跡は狭く長い谷の再奥部にあるため
細い道を通って行く

そのためあまり眺望は良くないのだが
この日はイベントがある為
その道に沿って多くの

手作りキャンドル

が並べられていた



DS7_3389i-ss.jpg



陽が傾いてきた頃、その手作りキャンドルに火が灯されていく

その数2000とも言われるキャンドルに火を点けて行くのは
地元の年輩の方たちが総出でされていた

聞けば出土の日にちなんで毎年同時期に開催されているという

地域に愛されているイベント

なのであろうな



DS7_3406ri-ss.jpg



DS7_3381ri-s.jpg



キャンドルが点灯されると
ほどなく

ライブアート

が開始された

ライブアートとは、その名のとおり
その場で作品を作っていくパフォーマンスである

今回参加されたアーティストの皆さんは

阿部裕江(画家/油彩)
大櫃孝之(造形作家/鏝絵)
古居昇悟(創書家)
ミツトリヒトギ(墨絵/染色作家)


4アーティストだった

制作過程も絵になるのは
皆さん本当の職人だからであろうな



DS7_3419i-ss.jpg



DS7_3398ri-ss.jpg



DS7_3402i-ss.jpg



そして周りが薄暗くなってくると
いよいよメインステージの開幕である

ちなみにこのイベントは

入場無料

であった

神在り月の夕べ、あっぱれだな



DS7_3449ri-s.jpg



(お約束で続く)


- 撮影機材 -
Nikon D700
Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZF.2
Carl Zeiss Makro Planar T* 2/100 ZF.2
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
スポンサーサイト


コメント

  1. LEVIN' YOU | URL | GaenHm5U

    Re:神在り月の夕べ 2013 (その1:初めての加茂岩倉遺跡)

    あ~ このパンフ、見ました見ました。

    一体どんなことが行われるイベントなのか? よく分かりませんでしたが、こういうことだったんですね。

    キャンドルがお酒のパックのように見えました。

  2. solo | URL | -

    Re:神在り月の夕べ 2013 (その1:初めての加茂岩倉遺跡)

    いつかさん おはよう

    >古代出雲の夢は広がるのであったよ

    出雲の地はロマンがありますよね

    夕闇からのキャンドル
    フルサイズ機が威力を発揮しますね

    レンズの選択も良いし、
    その2 期待出来ますね
    楽しみです

  3. いつか見た風景 | URL | Qi8cNrCA

    Re: LEVIN' YOUさん

    LEVIN' YOUさん、こんにちは

    > 一体どんなことが行われるイベントなのか? よく分かりませんでしたが、こういうことだったんですね。

    手作り感満載のイベントで楽しかったですよ
    会場で販売していた「もち入り豚汁」もおいしかったです^^

    > キャンドルがお酒のパックのように見えました。

    あはは、あれが全部お酒だったら
    お酒好きには堪らないでしょうね(笑)

  4. いつか見た風景 | URL | Qi8cNrCA

    Re: soloさん

    soloさん、こんにちは

    > >古代出雲の夢は広がるのであったよ
    >
    > 出雲の地はロマンがありますよね

    出雲は神話の国として有名ですが
    遺跡を紐解くといろいろな解釈ができるので
    考古学の分野でも注目されているようですよ

    > 夕闇からのキャンドル
    > フルサイズ機が威力を発揮しますね

    最近ますます視力が弱くなったので
    暗くなるとピントが合わせられなくて苦労しています(^^;

    > その2 期待出来ますね
    > 楽しみです

    soloさんに期待されると緊張してしまいますよ(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itukamita.blog114.fc2.com/tb.php/429-4f3d4418
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。