スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灯火の想い ~ 安来清水寺灯参道 2013 ~

2013年11月27日(水)



灯参道

「灯参道」 2013/10/27 from 安来清水寺
by Nikon D700 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED



清水寺といえば全国的に京都が有名なのだが
山陰の地に育った私にとっては幼い頃から安来の清水寺のほうがしっくりくる

そう、ヒナ最初に目にした者親鳥と思う様に

先に覚えた方が勝つのだ

その(安来)清水寺であるが、
以前からライトアップされる事があるとの話を聞いていた

どうもいろいろイベントがあるようなのだが
その一つが「灯参道」と呼ばれるイベントだ


安来の里の夕暮れに、ほのかな灯りと光に包まれる場所があります。
そこは古刹「清水寺」
能義の里を見下ろす木々の中で、照らし出された参道や境内は、
昼間とは違う神秘的な空間に。
夜の境内散策で贅沢な時間をお過ごしください。
~ 清水寺灯参道 案内より


以前から一度清水寺ライトアップのイベントに行きたいと思っていたのだが
この灯参道の最終日になんとか

滑り込みセーフ

で行くことができたのであるよ
(ちなみにこの記事もギリギリ1ケ月ルールに滑り込みセーフであったな)



DS7_4165ri-ss.jpg



参道や境内には多くの行灯が灯されていた

行灯には伝統の広瀬和紙
広瀬絣に使用される藍染めを使用されているという



DS7_4206ri-ss.jpg



もっとも大きな行灯にはローソクが付かれていたが
小さな行灯はなんとLED照明が使われていた

なにげにハイテク

である(笑)



DS7_4190ri-ss.jpg



DS7_4278rti-s.jpg



安来清水寺は厄払いの寺としても有名で
このイベントの日も夜参りと称して
護摩堂前で護摩火を焚いて湯行が行われていた

湯行とは護摩の炎で沸かされたお湯で身を清め
厄払いする

密教の秘法

である

こういうのは夜が良く似合う



DS7_4300rti-ss.jpg



DS7_4241rti-ss.jpg



また願い事を書いた灯り
三重塔の近くの薩雲若池(ソウニャイケ)に浮かべる
願い灯り」というイベントも開催されていた

既に薩雲若池にはいくつもの灯りが浮かんでいる

この

灯りの数だけ人の想いがある

のだ



DS7_4234rti-s.jpg



DS7_4265rti-s.jpg



こうしてみると灯りには願いが込めやすいのだな
そう思って灯りを見つめると不思議な気持ちになる

さてさて
私は何を願おうか



DS7_4365ri-s.jpg



- 撮影機材 -
Nikon D700
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
スポンサーサイト


コメント

  1. solo | URL | -

    Re:灯火の想い ~ 安来清水寺灯参道 2013 ~

    いつかさん こんにちは

    安来清水寺 毎度新鮮ですね

    安来にこのような古刹があるのなら、
    工場の連中との飲み歩き(仕事の一部)
    をキャンセルして訪れるべきでした 

    う~ん 残念

    湯行の写真が一番好きです

  2. ヲアニー | URL | 0iyVDi8M

    Re:灯火の想い ~ 安来清水寺灯参道 2013 ~

    へぇ~、広瀬には和紙だけでなく、絣も産地だったのですね。
    ここら辺では、弓ヶ浜絣だけかと思ってました(笑)
    絣の行灯も、なかなか幻想的でいいですね。
    湯行というのもあるのですか。よく知っているのは、滝に打たれたり、冷たい井戸水をかけたりする荒行ですが。。。
    湯をかけても、この時期冷え込むので寒いでしょうね。
    でも、湯気が立っていて、かけたらやけどしそうな(笑)

  3. いつか見た風景 | URL | Qi8cNrCA

    Re: soloさん

    soloさん、こんにちは

    > 安来にこのような古刹があるのなら、
    > 工場の連中との飲み歩き(仕事の一部)
    > をキャンセルして訪れるべきでした 

    安来の清水寺は紅葉が有名なのですが
    紫陽花も結構咲くようで、各種イベントと合わせて
    結構穴場的な存在です^^

    > 湯行の写真が一番好きです

    やはり秘法は明るい場所ではなく
    闇が良く似合いますよね

  4. いつか見た風景 | URL | Qi8cNrCA

    Re: ヲアニーさん

    ヲアニーさん、こんにちは

    > 絣の行灯も、なかなか幻想的でいいですね。

    生地を通して見える灯りが、雰囲気を盛り上げますよね

    > 湯をかけても、この時期冷え込むので寒いでしょうね。
    > でも、湯気が立っていて、かけたらやけどしそうな(笑)

    湯をかけるといっても、そのままかけるのではなく
    笹のようなものを湯につけてそれを振ってかけるで、
    大量にかかるようなものではありません
    しかし、私は遠慮しました(笑)

  5. ぽん太 | URL | dg8KrjFs

    Re:灯火の想い ~ 安来清水寺灯参道 2013 ~

    おおっ安来清水寺灯参道ネタがいつかさんに先を越されてしまいました。(^_^;)
    かやぶきの里ネタで引っ張りすぎました(爆)
    ここはあまり期待してなくてカミさんを送りに行ったついでに
    寄ってみたんですが人も多くて綺麗にライトアップされてましたね。
    参道が長いので人を外して撮るのに苦労しました。

  6. nasuka | URL | -

    Re:灯火の想い ~ 安来清水寺灯参道 2013 ~

    いつかさん、この秋はやけに「夜のオトコ」と化してますね(笑)
    清水寺の灯篭も、階段で立体感があっていいですね~~
    湯行の画が、なんとなくブキミっぽくていいです(笑)
    密教の儀式は、真言聞いてるだけで厄が払えそうな気がしますよね(笑)
    私は、先日昼間に行ってきました。
    さすが紅葉の名所だけあって、平日でも結構観光客が入ってましたよ~~

  7. LEVIN' YOU | URL | GaenHm5U

    Re:灯火の想い ~ 安来清水寺灯参道 2013 ~

    すっかり定着した感のある灯り参道。 
    今年は少し地味な演出だったように感じました。
    紅葉の時期にも、せめてライトアップくらいやってくれたらいいのにと思います。

  8. いつか見た風景 | URL | Qi8cNrCA

    Re: ぽん太さん

    ぽん太さん、こんにちは

    > おおっ安来清水寺灯参道ネタがいつかさんに先を越されてしまいました。(^_^;)
    > かやぶきの里ネタで引っ張りすぎました(爆)

    あれ?ぽん太さんの灯参道は見たような気がしましたが
    あれはfacebook側でしたか(^^;
    しかし複数更新のハンデがあるとはいえ
    ブログ側で私がぽん太さんの記事を抜くなんて珍しいですね(笑)

    > ここはあまり期待してなくてカミさんを送りに行ったついでに
    > 寄ってみたんですが人も多くて綺麗にライトアップされてましたね。

    ここのライトアップは噂では聞いていましたが私も初めてでした
    ライトアップだけでなくいろいろなイベントもやっていたようですよ

  9. いつか見た風景 | URL | Qi8cNrCA

    Re: nasukaさん

    nasukaさん、こんにちは

    > いつかさん、この秋はやけに「夜のオトコ」と化してますね(笑)

    今年は珍しく夜のイベントが続きました
    夜景の練習と思って毎回新たな気持ちで臨むのですが、
    なかなかうまく撮れませんね(^^;

    > 密教の儀式は、真言聞いてるだけで厄が払えそうな気がしますよね(笑)

    そうなんですよ(笑)
    あの真言には力があります

    > 私は、先日昼間に行ってきました。
    > さすが紅葉の名所だけあって、平日でも結構観光客が入ってましたよ~~

    そろそろ良い頃合いでしょうか
    清水寺は電線が結構気になるので昼間の紅葉は撮り方が難しいですね

  10. いつか見た風景 | URL | Qi8cNrCA

    Re: LEVIN' YOUさん

    LEVIN' YOUさん、こんにちは

    > すっかり定着した感のある灯り参道。 
    > 今年は少し地味な演出だったように感じました。

    私は今年初めて見に行ったので比較できないのですが
    なんと例年はもっとハデにしているのですか

    > 紅葉の時期にも、せめてライトアップくらいやってくれたらいいのにと思います。

    今年は紅葉に合わせてライトアップをするようですよ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itukamita.blog114.fc2.com/tb.php/435-52c1d429
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。