機材紹介シリーズ(防湿庫編:東洋リビング EW-115CDB)

2009年8月11日(火)

今年は異常気象ではなかろうか
その一端として全国的に梅雨明けが遅かった

特に私の住んでいる山陰地方は
梅雨明けが8月にずれ込むという異常事態であった

で、突然の機材紹介シリーズ第9弾
防湿庫」の登場である

知っている人は知っていると思うが
レンズの大敵は「カビ」である

そしてこのカビはジメジメが大好きなのだ

なのでカメラやレンズ類の保管先としては
湿度対策が重要になるのである

まぁ、本当のところは
常に使ってやるのが一番の対策だと
個人的には思っているのだが

雨の日は

カメラを持ち出すのも気が重い

のも事実である

雨が続く>カメラ使わない>同じ場所に長期保管>雨でジメジメ>そして・・・

あぁ、想像すれば想像するだけ
心配になってくるではないか

で、以前はドライボックスにカメラを入れていたのだよ


良い子のドライボックス
良い子のドライボックス


このドライボックスは
コストパフォーマンス的には大変優れものなのだが
中に乾燥材を入れておく必要があるため、乾燥材の管理が必要である

まぁ、管理といっても乾燥材は結構持つので
そんなに苦にはならないのだが

それよりも私的には

衣服入れのようでカッコわるい

ことのほうが重大であったりするのだ

で、以前から大変気になっていたのが
今回紹介する「防湿庫」なのだよ

そして、せっかく防湿庫を買うなら
ワイドタイプにしたいと思っていた

ワイドタイプは天盤の大きさが広いので
丁度サイドテーブル的な使い方ができるのだよ

防湿庫のメーカーとしては
東洋リビング」と「トーリハン」が有名である

トーリハンの「ドライキャビ」シリーズは
庫内湿度のほか、庫外湿度も表示してくれるので
グっと魅かれるものがあったのだが、棚の色が派手なのがちょっと気になるのである

一方、東洋リビングの「オートクリーンドライ」シリーズは
控え目なデザインであるが、「光触媒」という私好みのキーワードが付いているのだ

もっとも、私が狙っていたワイドタイプに「光触媒」が付いたのは
今年になってモデルチェンジしてからである

ちょうど、ワイドタイプに光触媒が付いた事と
キャンペーン期間中には、「レンズクロス」が付くという
お約束の

おまけの誘惑に負け

東洋リビングのEW-115CDBネットで購入したのであった


東洋リビング EW-115CDB オートクリーンドライ
東洋リビング EW-115CDB オートクリーンドライ


噂の光触媒であるが
その効能をHPから抜粋すると・・・

------
光触媒とは、光のエネルギーによって働く触媒です。
オートクリーンドライでは光触媒として酸化チタンを用いています。
この酸化チタンに光を照射したとき、強力な酸化力を生じ、
有機物質を水や炭酸ガスに分解します。
この作用により、脱臭・抗菌・防カビ・クリーニング(浄化)を行ないます
------

だそうだ
良く分かったような、分からないような・・・

まぁ、自己満足の部類だな(笑)


泣く子も笑う「光触媒」の証
泣く子も笑う「光触媒」の証


購入したのは今年の6月である
(梅雨に入る前であった)

大変大きなダンボールで郵送されてきた
ちょうど嫁さんが留守中だったので、驚かれなくて良かったのだが
2階の寝室に持って上がるのは一人では無理そうだった

仕方がないので、その時にリビングに居た娘に頼んで
2階に上げるのを手伝ってもらった

少し視線が痛かったが(^^;

お約束の主な仕様を書くと


1眼レフ本体収納目安24台
棚耐荷重 12kg
重量23.5kg
内容量115L
消費電力1.9w/h
外寸(mm)W840xH451xD399
内寸(mm)W838xH390xD344
付属品スチール棚x1、透明プラスチック引き出し棚x2、カギ、波形レンズホルダーx1



扉中央の支柱がワンタッチで外れるので、長尺のレンズも収納できる

もっとも、今は

そんな長尺レンズ持っていないけどナ

(将来に備えてあるのだヨ)

寝室のベットサイドに置いたら
予想通りちょうど良い大きさだったので満足である


ちょうど良い大きさ
ちょうど良い大きさ


おっと大事な事を忘れていた

肝心の防湿機能であるが、
添付の湿度計だと、標準状態でだいたい40%前後を示していた

調節機能があるので、少し乾燥気味に設定して
現在35%前後になるように調整してある

驚いたのは、今のジメジメした季節では
扉を開けた瞬間に湿度計が見る見る上るのだよ

カメラ本体やレンズを取り出すために
2~3回開くと、あっと言う間に50%を超えるのだ

恐らく室内の湿度は70%以上あるのではなかろうか

そういう意味では、

もってて良かった防湿庫

とニヤニヤするのであった
アハハハハ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itukamita.blog114.fc2.com/tb.php/44-d84fae34
    この記事へのトラックバック


    最新記事