スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回大山キャリーアップ顛末記 ~桟木は無事運べたか~

2014年8月29日(金)


雨霧の中を進む

「雨霧の中を進む」June 2014 大山
by RICOH GR DIGITAL III



雨霧の中を果敢に進む集団がいた

そんな中、遅れながらも
なんとか進もうとしている一人の男がいた

「目的地までもう少しです」
後ろから励ましの声が聞こえた

その時、その男の右足を激痛が襲った
ごまかしながら登っていたが遂に攣ったのである

大山の九合目を目前にした場所であった




RIMG1405m-s6.jpgRIMG1527m-s6.jpgRIMG1483m-s6.jpg




RIMG1446mi-ss.jpg



昨年まで行われていた大山頂上トイレ汚泥キャリーダウンに変わり
今年は木道を修繕するための桟木(さんぎ)を運ぶ作業ボランティアとして

第1回大山キャリーアップ・ボランティア

が開催された

大山は八合目を越えたあたりから国の天然記念物大山キャラボクが群生している

これを保護するために頂上小屋に向かうルートには木道が敷かれているのだが
アイゼン等で桟木がすり減ってしまっていた

この修繕用の桟木を一人2~4本をもって上がるのが今回の使命だ

この崇高な使命に会社の有志で参加する事になり
私も手を上げたのである

しかし会社の人間の中に

雨男

がいたのであろう

なんと当日は朝から雨が降るあいにくの天気となったのである



RIMG1455mi-ss.jpg



RIMG1491mi-ss.jpg



私は5年ぶりの大山登山であった
(その時にも何とか登頂できたのだが下山してからが大変だった)

ヘタレの私としては

自分の身体を上げるだけで精一杯

である

なので桟木は最低の2本で登ることに(^^;

最初は荷物として桟木を持っていたのだが
途中から桟木を杖替わりにして登ったのは秘密である



RIMG1525mi-ss.jpg



RIMG1515mi-ss.jpg



9合目で足が攣った時に
心配して私についてくれていた会社の仲間が「攣った時の薬」をくれた

気は心から

というが、まさにその薬のお蔭で再び歩き出すことができたのである
ありがとう

そして何とか頂上小屋に到着。無事、桟木を渡す事が出来、
その後用意したカップヌードルを皆でおいしく頂いたのであったよ



RIMG1545m-s6.jpgRIMG1541m-s6.jpgRIMG1522m-s6.jpg




RIMG1539mi-ss.jpg



下山する時、この日初めて霧がはれ、一瞬だが下界を望む事ができた
やはり山は見晴が良い方がいいな

そして最後のご褒美は、記念参加証と共にもらえた温泉入浴券
ちょうど大山にできたばかりの温泉の豪円湯院

無料で入れる

登山で疲れた体を温泉に入りながら
ああ”~と思わず声を出すのが至福の時なのだ



RIMG1548mi-s.jpg



P.S.
次の日、朝起きようとしたら目が開かない
おかしいと思いをみたら、そこには怪談のお岩さんがいた

実はこのイベントの真の敵は、荷物でも天候でもなく
異常発生していたブヨ(ブト)だったのである
(私の血は美味しいので刺されまくったのであった)

病院に行き薬をもらったが腫れが引くまでには数日かかった
おそるべし大山のブヨ


- 撮影機材 -
RICOH GR DIGITAL III
スポンサーサイト


コメント

  1. solo | URL | -

    Re:第1回大山キャリーアップ顛末記 ~桟木は無事運べたか~

    いつかさん おはよう
    私の最も好きな大山語りですね

    >そんな中、遅れながらも
    なんとか進もうとしている一人の男がいた

    ? だいたい想像はつくけど
    誰だ!

    そもそも、この記事は心意気や志がないと読めない 

    >しかし会社の人間の中に 雨男

    雨が多いのは日本海側独特の気候のせいでは?
    「しまった! 地雷踏んだか」

    読みすすむうちに、本当に、心優しい人がブロ友でよかった
    っと、思える

    さぁ~
    今回の〆とオチは、ブヨ っすか

    お疲れ様でした

  2. nasuka | URL | -

    Re:第1回大山キャリーアップ顛末記 ~桟木は無事運べたか~

    おお、参加されたのですね!お疲れさまでした~~
    私も、昨年は悪天候やらなんやらで登れてなくて、
    今年は、コレに参加しつつ登ろうかな~~、と思ってたんですが、
    なんだか、お天気がアヤしそうだったので申し込まなかったんですよね~~
    キャリーダウンの方は参加したことがありますが、
    持って上がる方がタイヘンでしょうね(^_^;)
    大山のブヨはスゴイというウワサは聞いていますが、
    筋肉痛の方はどうでした??
    私は、大山登山すると、2日くらいはロボット歩きになります(笑)

  3. ぽん太 | URL | dg8KrjFs

    Re:第1回大山キャリーアップ顛末記 ~桟木は無事運べたか~

    いぁ〜ほんとにお疲れ様でした。
    まさかあの雨の中開催されていたとは思いませんでした。
    でも大山が好きと言いながらこういうボランティアには
    とても参加する気には・・・ほんと頭が下がります。
    とてもヘタレなんかじゃありませんよ。

    途中から桟木を杖替わりにして登ったのは秘密である>
    当然使うでしょう(笑)

  4. いつか見た風景 | URL | Qi8cNrCA

    Re: soloさん

    soloさん、こんにちは

    > ? だいたい想像はつくけど
    > 誰だ!

    お岩さんですよ(笑)

    > さぁ~
    > 今回の〆とオチは、ブヨ っすか

    本当はブヨの話だけで長文が書けるくらいなのですが
    さすがに写真とまったく合わないので自粛しました(爆)

  5. いつか見た風景 | URL | Qi8cNrCA

    Re: nasukaさん

    nasukaさん、こんにちは

    > 今年は、コレに参加しつつ登ろうかな~~、と思ってたんですが、
    > なんだか、お天気がアヤしそうだったので申し込まなかったんですよね~~

    キャリーダウンの時もそうでしたが
    結構この手のイベントは県外の人からも人気で
    すぐ予定定員一杯になるそうですから当日の天気を待っての判断は難しいですね

    > 大山のブヨはスゴイというウワサは聞いていますが、
    > 筋肉痛の方はどうでした??
    > 私は、大山登山すると、2日くらいはロボット歩きになります(笑)

    筋肉痛は予定通り1週間です(笑)
    ただこれは想定済なので問題ありませんでしたが
    異常発生のブヨは想定外で、この顔の腫れのお蔭で1日会社を休みました(^^;
    (皆を怖がらせてもいけないので)

  6. いつか見た風景 | URL | Qi8cNrCA

    Re: ぽん太さん

    ぽん太さん、こんにちは

    > いぁ?ほんとにお疲れ様でした。
    > まさかあの雨の中開催されていたとは思いませんでした。

    いや私も中止になると思ったのですが(爆)

    > でも大山が好きと言いながらこういうボランティアには
    > とても参加する気には・・・ほんと頭が下がります。
    > とてもヘタレなんかじゃありませんよ。

    大山に恩返しという気持ちは確かにありましたが
    私も5年振りなので、あまりエラそうな事はいえません(^^;

    > 途中から桟木を杖替わりにして登ったのは秘密である>
    > 当然使うでしょう(笑)

    イヤ本当は桟木が痛むのでお勧めできませんね(^^;
    しかし杖があると無いとではあんなに違うとは思いませんでした
    次回の登山の時は本物の杖を用意したいと思っています^^

  7. ヲアニー | URL | 0iyVDi8M

    Re:第1回大山キャリーアップ顛末記 ~桟木は無事運べたか~

    キャリーアップというのができましたか。
    お疲れさまでした。
    30年以上前には、大山山頂の崩れ防止のための「一木一石運動」というのもありましたし、
    本文に書かれているキャリーダウンに変わってこの催し物になったのですね。
    若いころは子どもと大山に登って、自主的に一木一石運動に参加したことがありますが、
    恥ずかしながらキャリーダウンは参加したことがありません。
    ブトにかまれると、結構腫れるようですね。
    子どものころに、祖母と畑に行ってよくかまれました。
    あのころは、小さい血の塊ができてつぶしましたが、腫れることはなかったですね。
    近代のブトは、進化したのでしょうか(笑)

  8. いつか見た風景 | URL | Qi8cNrCA

    Re: ヲアニーさん

    ヲアニーさん、こんにちは

    > キャリーアップというのができましたか。

    今年からできたようです^^

    > 30年以上前には、大山山頂の崩れ防止のための「一木一石運動」というのもありましたし、
    > 本文に書かれているキャリーダウンに変わってこの催し物になったのですね。

    「一木一石運動」は今でも続いています
    今回のキャリーアップも自主的にもってあがる人が多かったです
    ちなみに私は、桟木2本だけで精一杯でした(笑)

    > ブトにかまれると、結構腫れるようですね。

    本当に異常発生していて立ち止まると、まとわりつかれて大変でした
    登りは両手を桟木で杖替わりにしてたので手で払う事もできず逃げ回っていたのですが
    今回はつばのある帽子をかぶっていたので、つば下にブトが集まって
    目のまかりを集中して20ケ所近く噛まれてしまいました(^^;

    > 子どものころに、祖母と畑に行ってよくかまれました。
    > あのころは、小さい血の塊ができてつぶしましたが、腫れることはなかったですね。
    > 近代のブトは、進化したのでしょうか(笑)

    私は逆に昔はブトに噛まれると汁が出て
    それがとびひして大変になった事もあったので
    心配していたのですが(目の周りをかまれたので)、
    幸いな事に今回は汁は出なかったので助かりました、腫れまくったけど(爆)
    お医者さん聞いたら瞼は腫れやすいそうです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itukamita.blog114.fc2.com/tb.php/472-093d2711
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。