スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009シルバーウィークの思ひ出(大山登山~6合目編)

2009年10月11日(日)


6合目から元谷方向を望む
「6合目から元谷方向を望む」2009/09/20 from 大山6合目
by Nikon D300 AF-S DX VR 18-200mm F/3.5-5.6G


大山はブナ林が有名である
恵まれたことに夏山登山道はこのブナ林を見ながらの登山になる


ブナ林の説明
ブナ林の説明



ブナ林の中を進む
ブナ林の中を進む


最初のころは、なんてラッキーなんだと余裕をかましていたが
すぐに景色を楽しむ余裕が無くなくなってきた(^^;
(まぁ想定済だけどな)

この日は、夏山登山道は異常に込んでいた
登山って大人気なのだな・・・と最初は思ったのだが
すぐに混んでいる理由が分かった

何かイベントが開催されているようである


大人気で混みこみ
大人気で混みこみ


後で知ったのだが、そのイベントは「SEA TO SUMMIT」というイベントで
なんと、シーカヤック自転車登山の3種目を
米子市・皆生の海から大山山頂まで目指す鉄人レースである
(カヤックは海が荒れていて中止となったらしいが)

どうりで自転車レースの格好をした人々
軽々と登山道を登って行ったのだが
私の目からは

スーパーマンのように見えた

自転車してから登山なんて、人間はどこまで強くなれるのだろう・・・

ゼッケンをした人の中には普通の人もいたので
いろいろ部門があったのであろうか


4合目くらいまでは緑も多い
4合目くらいまでは緑も多い



階段が整備されている
階段が整備されている



すっかり天気が良くなった
すっかり天気が良くなった


4合目を過ぎると、
木の合間から見える景色も良くなってきた


まだ雲の下だ
まだ雲の下だ


5合目を過ぎると、「山の神さん」が設置してあった

なんでも登山者が東からのぼる日の出を拝んて、
登山の安全を祈願していた場所だという

いつか私も日の出を見に来たいものだ

身体がもつかどうか分からないけどな(^^;


山の神さんの説明
山の神さんの説明



山の神さん
山の神さん


6合目が近ずくと、道のこう配もだんだんキツクなってきた


小さい子もガンバル
小さい子もガンバル



石も多くなってきた
石も多くなってきた


途中で見える景色も見下ろす感が出てきた


曲がって見えるのは弓ヶ浜半島
曲がって見えるのは弓ヶ浜半島



周りの山も下に見える
周りの山も下に見える


そして、やっと6合目に到着したのである


渋滞する6合目
渋滞する6合目



展望案内
展望案内


時計を見れば既に11時半を過ぎていた

当初の予定では山頂で昼食にしようと思っていたのであるが
この調子でいけば山頂に付くのは1時を超えるな・・・

ハラペコで登ると余計疲れそうだった

ので、迷わずここで昼食にすることにした

(続く)

おまけ、
大山登山を記念して各標識を折りたたみで(笑)


1合目
1合目



標高900m
標高900m



2合目
2合目



標高1000m
標高1000m



3合目
3合目



標高1100m
標高1100m



4合目
4合目



標高1200m
標高1200m



5合目
5合目



頂上まで1.2km
頂上まで1.2km



標高1300m
標高1300m



6合目
6合目


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itukamita.blog114.fc2.com/tb.php/62-f571581b
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。