スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弓ヶ浜自転車道の旅(その1:米子~境港編)

2009年11月6日(金)


やってきました境港
「やってきました境港」2009/10/18 from 境港
by Nikon D300 AF-S DX VR 18-200mm F/3.5-5.6G


天変地異の前兆であろうか、
はたまた、私の行いが良いからであろうか・・・

またもや週末(10/18)の天気がサイクリング日和となったのである
なんと私がF20Rを手に入れてから7週連続週末の天気が良いことになる

山陰では奇跡である

またもや私に出かけろと!!

し、しかし、前回の出雲路自転車道の体験で
不覚にも足が痛くなるという大失態をしてしまった・・・

まぁ、少し足が痛くなるくらいなら大きな問題ないのだが
先日はペダルを踏むのも辛くなるくらいの痛みを感じてしまったのだよ

伯太町へのフォタリングにおいては、ちょっと坂があったので自分的には
「ふっ!初心者で坂を体験するのは少し早かったカナ!?」
と 

自分に言い訳が出来た

のであるが、先日の出雲路自転車道は、ほとんど坂がない道であった

まさに、自分がヘタレである事を証明をしたようなものである
なのでヘタレな私としては「また足が痛くなるのでは?」という不安ありありである

で、今回は保険を掛けることにした

保険といってもお金をもらう訳ではない
万が一ペダルが踏めないくらいの痛みが再現してしまっても
そこから帰還するための保険である

その方法とは「輪行」して帰るという手段だ
そのために、今回は輪行袋を携帯して行くことにしたのだよ


保険の輪行袋
保険の輪行袋


もっとも輪行袋を持って行くだけでは輪行は不可能である
行程にJR駅が点在しなければならない

実はこの条件に当てはまる自転車道が身近にあったのだよ
その名は「弓ヶ浜自転車道」である

この弓ヶ浜自転車道は弓ヶ浜半島の中心を通って米子~境港間をつないでいるのであるが、
この自転車道にほぼ平行してJRの境港線が通っているのであった

まさに今の私の為にある自転車道ではないか

5週間前にF20Rの初めての遠出として
この弓ヶ浜自転車道を米子から大山方面に向かって行ったのだが
今回は反対の境港方面へ向かうのだ


今回は米子市内から境港方面へ向かう
今回は米子市内から境港方面へ向かう


実際に走ってみると
米子市内から当面は自転車道と一般車道がクロスして
大変走りにくい

具体的には少し進むと車道と交差するので毎回足止めを食らうのである
うーん、ストレスたまるな

しかし米子市内を離れるにつれ車道との交差が減ってきた
こうなると大変走りやすい


走りやすくなってきた
走りやすくなってきた


この自転車道も平坦な道で勾配は無いが今回は一つ誤算があった
実はこの日大変、風が強かったのである

私は訳あって(嫁さんから買ってもらえなくて)
まだヘルメットをもっていない

そのため帽子を被ってF20Rに乗っているのであるが
その帽子が風で飛ばされまくるくらいの強風である

帽子自体は途中からリュックに括って進むことにしたのであるが
(ドイターのリュックにはヘルメット括りが付いている)
風未体験の私にとっては

風は坂に匹敵する強敵ということを思い知った

のである
まぁ無理をせずに、ゆっくり進もうか(^^;

しばらくは米川沿いを走るのだが
途中には自転車をデザインした柵があった

いかにも自転車道という感じでオシャレじゃないか


所々デザイン柵がある
「所々デザイン柵がある」2009/10/18 from 弓ヶ浜自転車道
by Nikon D300 AF-S DX VR 18-200mm F/3.5-5.6G



自転車をデザインした柵だ
自転車をデザインした柵だ


途中から自転車道が途切れて一般自動車道に合流する


県道47号に合流
県道47号に合流


この辺りは米子空港の滑走路延長により道が大きくカーブしている
そしてついに「境港市」入り


ここから境港市だ
「ここから境港市だ」2009/10/18 from 県道47号
by Nikon D300 AF-S DX VR 18-200mm F/3.5-5.6G


ちょうど写真を撮ろうとした時に
道沿いのJR(境港線)に鬼太郎列車が走ってきたので
あわててカメラを向ける


鬼太郎列車
鬼太郎列車


境港市は漫画家・水木しげるの出身地であることから
ゲゲゲの鬼太郎」に登場するキャラクターで町興しをしている

なんと

住民票の写しの透かしにも鬼太郎キャラクターが使われている

くらいなのだ

そしてこの日は、きたろうカップ(境港駅伝競走大会)も開催されていた


きたろうカップ
きたろうカップ


丁度、駅伝選手と並走する部分があったのだが
彼らは鬼のように早いのだな

向かい風をものともせず走る姿は感動的であった
(向かい風にひーひー言っていたのは私である(^^;)

実はその後、自転車道を見失ったのである・・・

しかたがないのでGPSを頼りに、一般道を避けるため細い道に入り
防衛省美保通信所のアンテナ群(通称「象の檻」)を横に見ながら進む


象の檻
「象の檻」2009/10/18 from 迷い中
by Nikon D300 AF-S DX VR 18-200mm F/3.5-5.6G


すると奇跡が起きた!!
なんと弓ヶ浜自転車道に再び合流したのである
(何とかなるものだな)


米川に合流
米川に合流



復活、弓ヶ浜自転車道
復活、弓ヶ浜自転車道


その後、再び県道47号に合流
そろそろ終点が近いはずだ・・・すると、JRとクロスする大きな坂が見えた

ここでヘタレ病が発症してちょっとビビル

どうせこの先一般道なので(心の言い訳)、
無理して終点を目指さず鬼太郎ロード側に向かうことにしたのだよ(^^;

そして内港埠頭へ出る
ちょうどレインボー号が到着していた


内港埠頭のフェリー乗り場
内港埠頭のフェリー乗り場


しばし撮影を行い
その後、隣の境港駅


境港駅の前
境港駅の前


気が付けばお腹が鳴っている(時計は既に13時を回っていた)
さてさて腹ごしらえをしようか

境港といえば港というだけあって海鮮だな

今回は自分にご褒美ということで(何で?)
大盤振る舞いをしたのであったよ(笑)


驚きの海鮮丼
驚きの海鮮丼


まぁ、お腹は満足したが、財布は軽くなったナ・・・

(続く)
スポンサーサイト


コメント

  1. solo | URL | -

    Re:弓ヶ浜自転車道の旅(その1:米子~境港編)

    いつかさん おはよう

    >まさに今の私の為にある自転車道ではないか

    うふふ

    >風は坂に匹敵する強敵ということを思い知った


    以前に暮らしておりました区の近くに、
    尾張サイクリングロードがあり、
    この記事読んで思い出しました

    名古屋近郊から遠ざかるほどに、
    交差がなくなり快適でしたが、
    伊吹山から吹き降ろしの風が一番の敵でしたね


    >今回は自分にご褒美ということで(何で?)
     
    ほんと 何で!? (爆)



  2. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: soloさん

    soloさん、こんにちは

    > >まさに今の私の為にある自転車道ではないか
    >
    > うふふ

    懐かしい記事にまでコメントありがとうございます^^
    この頃は自転車を購入したばかりで、
    まさに自分を中心に地球が回っていた頃です(笑)

    > 名古屋近郊から遠ざかるほどに、
    > 交差がなくなり快適でしたが、
    > 伊吹山から吹き降ろしの風が一番の敵でしたね

    風があると無いとでは大違いのイメージになりますよね
    最初に自転車に乗った時は風がなくてラッキーでした
    それで自転車が好きになりましたから^^

    > >今回は自分にご褒美ということで(何で?)
    >  
    > ほんと 何で!? (爆)

    未だ世界七不思議のひとつですね(爆)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itukamita.blog114.fc2.com/tb.php/75-5be6207c
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。