スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機材紹介シリーズ(三脚編:Manfrotto 055MF4 & 322RC2)

2009年12月15日(火)

1ケ月ぶりの機材紹介シリーズ第13弾となるな
今回は三脚+雲台の紹介である


Manfrotto 055MF4
Manfrotto 055MF4


この三脚+雲台は昨年D300を購入した後
最初の三脚(Velbon Sherpa435)だと
D300には少しバランスが悪いなと思い購入したものだ
(2008年12月購入)

初めて本格的な三脚を購入することになり

この時に雲台は別売だと知る(^^;

で、当時ネットでいろいろと三脚+雲台を探していたのであるが
ふと変わった雲台を目にしたのであるよ

それが、Manfrotto(マンフロット)という名のメーカーの322RC2であった


Manfrotto 322RC2
Manfrotto 322RC2


この雲台はグリップが付いていて
そのグリップを握っている間はフリーになり
グリップを離すと固定されるという自由雲台の一種である

マンフロットでは「水平グリップアクションボール雲台」という
大変長い名前が付いてた

名前の長さなら一級品だ(笑)

この雲台はクイックシュー付きで
水準器も付いているので利便性も高い


クイックシュー&水準器付
クイックシュー&水準器付


雲台の主な仕様を書くと


高さ103mm
質量約700g
形式水平グリップアクションボール雲台
パン360°
前後方向Tilt-90°+90°
横方向Tilt-3°+90°
材質軽量マグネシウム
水準器有り
最大積載カメラ質量5kg



片手だけでポジショニング出来るので、慣れると大変使いやすい
一応、左利きでも右利きでも使えるようにアタッチメントの位置を変更できる
(また握りの強さも調整が可能になっている)

面白いのはグリップの先端にもアタッチメントを取り付けることが出来る
(その場合はグリップを立てた状態での使用になる)

なんでも、カメラを三脚の重心に近づけるそうであるが
ちょっとギミックすぎる気がするな(^^;

同時購入した三脚の方は
同じくマンフロットの「マグファイバープロ三脚4段 055MF4」という
カーボン製の三脚である

本来、三脚は重量のある方が安定して良いのだが
軟弱な私的には少しでも軽い方が良いのである(笑)

三脚の仕様的には


全高約1650mm
エレベータースライド約345mm
最低高約110mm
縮長約540mm
質量約2000g
脚パイプ径約29.2/24.8/20.4/16mm
段数4段
最大積載カメラ質量7kg
水準器有り



標準でパッド付きキャリングストラップが付いており
重量を補うためウエイト用のフックとしても利用できる


標準添付のパッド付きキャリングストラップ
標準添付のパッド付きキャリングストラップ


この055MF4はクイックアクション開脚度セレクターを使用して
1本ずつ個別に、開脚アングルを4段階に設定でき
分割可能なセンターポールはサイドアームとしても使用できる


開脚アングルは4段可変
開脚アングルは4段可変



開脚アングルを最大にした所
開脚アングルを最大にした所


またオプションのリトラクタブルスパイクを備えた
サンクションカップ石突を付けてある


サンクションカップリトラクタブルスパイク石突
サンクションカップリトラクタブルスパイク石突


サンクションカップは一脚当たりの接地面積を約20倍に増加させ
安定性を高めるそうである

こう書くと凄そうであるが
実は最初からこのサンクションカップにした訳ではない

最初は普通のリトラクタブルスパイク石突を注文したのだが
マンフロットのカタログによると、055SPKという型番が055MF4用となっていた
(わざわざ055MF4専用と記載してあった)

ところが実際、届いた石突はどう考えても055MF4にハマらない
(石突側の方が、三脚の径より大きいのだ)

証拠の写真を撮って、ネットで購入した店に問い合わせたら
結局マンフロット側のカタログのミスということが判明した

間に入ってくれた店の担当者は大変親切で、いろいろと値引きしたりしてくれて
感激した私は後日別な商品もこの店で購入することになるだが
それはまた別の機会に・・・

結局、サンクションカップはオークションで安く買ったのだけれどね(笑)

055MF4は三脚としては中型で、純粋に性能を求めるなら他にも良い三脚があると思うが
このマンフロットの三脚は私の心を鷲掴みにしている

それはお約束のカッコである(笑)

カーボンの独特の色にマンフロットの赤いマーク
大変良く似合うのであるよ

また、この三脚には標準でウレタングリップは付いていないのであるが
これまたネットでスポンジカバーを購入して、それを付けてみた
(脚はネジ1本で外せるので簡単にカバーの取付ができる)

このスポンジカバーは大変安価であったが
そのためカバーより送料の方が高かったりした
(注文した時はちょっと複雑な気持ちであったな)

三脚バッグはマンフロット純正のMBAG80である
フタ部分のデザインがマンフロットのマークになっていてオシャレ?かな・・・(^^;


三脚バッグ MBAG80
三脚バッグ MBAG80


このバッグから三脚を取り出す時は
322RC2の先を持つと刀のように取り出せるのだよ

思わず、えいや!!と叫んでしまいそう

であるが、ガマンしているのは秘密である

スポンサーサイト


コメント

  1. ゆるポタ | URL | GwI18cS2

    Re: 機材紹介シリーズ(三脚編:Manfrotto 055MF4 & 322RC2)

    な、なんですかこのマニアックな三脚は。
    2本持ってたんですね。

    こんな雲台初めてみました。片手だけで使えるとは良いですね。
    しかし、ほんとに凝り性のようですね(笑)
    この三脚なら、D300も満足しているでしょう^^

  2. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: 機材紹介シリーズ(三脚編:Manfrotto 055MF4 & 322RC2)

    ゆるポタさん、こんにちは

    正確なポジショニングをするには、3way雲台がベストだと思いますし
    三脚の性能も他に良いものが沢山あると思います

    ただ私はカッコに弱いもので・・・(笑)

    >2本持ってたんですね。

    嫁さんに聞こえるような声では言えませんが
    実は、この他にもう一本三脚を持っていたりします・・・(^^;

  3. lh_645 | URL | lt9aQQTo

    初めまして&この組み合わせ最高です!

    えらく前の日記に、コメントして申し訳無いです。

    丁度、2009年ぐらいにManfrottoのデザイン(黒x赤)に一目惚れし、
    190CXPRO4・190XPROB・055XPROBなどのカーボンやアルミ三脚を購入したのですが、
    「190だと細いし、全高が足りない!」「055はウレタンも巻かれイイのに3段!」
    と手放して、2年が経過しました。

    今回、買い替えキャンペーンでの購入は厳しいものの再び、Manfrottoが欲しくなり、
    あれほど3段ではダメだと言い聞かせていたのに、何故か190CX3が家にあります(笑)

    190MF4を検索していました所、055MF4にウレタン(スポンジグリップ)を巻かれ、
    変更された石突も見事なバランスのカスタマイズに惚れぼれしました。

    理想の4段+ウレタンの組み合わせを拝見しましたら、055MF4が欲しくなりますが、
    脚はドライバーで外れますでしょうか?当時のモデルはストラップ付だったのですネ?

  4. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: 初めまして&この組み合わせ最高です!

    lh_645さん、こんにちは

    > えらく前の日記に、コメントして申し訳無いです。

    いえいえ、コメントありがとうございます^^

    > 丁度、2009年ぐらいにManfrottoのデザイン(黒x赤)に一目惚れし、
    > 190CXPRO4・190XPROB・055XPROBなどのカーボンやアルミ三脚を購入したのですが、

    Manfrottoのデザイン良いですよね、私も見た瞬間にこれだと思いましたよ
    実は私も055MF4+322RC2の他にも190CXPRO4+804RC2,680B+486RC2を持っていたりします
    なんせ、当時も今もカッコに弱いもので(笑)

    > 190MF4を検索していました所、055MF4にウレタン(スポンジグリップ)を巻かれ、
    > 変更された石突も見事なバランスのカスタマイズに惚れぼれしました。

    あぁ、ありがとうございます
    (カスタマイズと褒められるとお尻がムズムズしてきますね)

    スポンジグリップに関しては当時私もネットで付けている人を見つけたのでマネをしてみました
    いちおうマンフロットのロゴを隠したくなかったので、1本は位置をズラしたのが唯一の工夫です(笑)
    たしか径が29mmのものが055MF4に丁度よかったような記憶があります
    ホームセンターで数百円で売っているものですが、私の地域では合うサイズが売り切れだったのでネットで買いました。(送料の方が高かったような気がします(^^;)

    > 脚はドライバーで外れますでしょうか?当時のモデルはストラップ付だったのですネ?
    脚はドライバー一本で簡単に外せますよ。
    あと055MF4はストラップ付きでしたね。このストラップ(458HL)もカッコが良いのでお気に入りです。
    実は一本追加で購入して190CXPRO4にも付けています(笑)
    しかし190CXPRO4にはストラップの輪っか部分が大きいので脚を束ねた時の安定度が良くありません(^^;

    以上、参考になれば^^

  5. ゆるポタ | URL | GwI18cS2

    Re:機材紹介シリーズ(三脚編:Manfrotto 055MF4 & 322RC2)

    あれ〜この前、持ってこられてたの、この三脚でしたっけ??

    と思ったら、レスにもう一本購入と書いてありました(爆)
    このマンフロット、世界で一番売れてる三脚らしいですね。
    Velbonなんかより、ガッシリしてて価格も安いじゃないですか!
    2本、要らないでしょ。1本下さい!!!!!

  6. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: ゆるポタさん

    ゆるポタさん、こんにちは

    > あれ?この前、持ってこられてたの、この三脚でしたっけ??
    > と思ったら、レスにもう一本購入と書いてありました(爆)

    先日持って行ったのはこの三脚ですよ
    ただ雲台は、もう一本の三脚の3way雲台と変えて持っていきました
    (このアクションボール雲台は便利なのですが少し緩くなってきたのです)

    > このマンフロット、世界で一番売れてる三脚らしいですね。
    > Velbonなんかより、ガッシリしてて価格も安いじゃないですか!

    私のようにカッコで買われる人が多いみたいですよ(笑)
    たしかにコストパフォーマンスは高いので価格の割に満足度は高いと思います
    ただ三脚にも沼がありますから、ハマると底がなくなります

    > 2本、要らないでしょ。1本下さい!!!!!

    バッグと三脚は使い分けが必要なので
    複数必要なのです・・・と自分に言い聞かせています(爆)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itukamita.blog114.fc2.com/tb.php/92-cd0667ff
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。