スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウンが付いた日(その2:竜ケ山公園~米子港編)

2009年12月22日(火)


コーヒータイム
「コーヒータイム」2009/12/6 from 竜ケ山公園
by Nikon D300 AF-S DX VR 18-200mm F/3.5-5.6G


ウィンズ米子を後にして再び県道47号

そのまま道なりに進むと、
弓ヶ浜自転車道の旅で走った見覚えのある場所

あぁ、あの日は天気が良くて大変気持が良かったのだが

今回は修業の旅であるな(笑)


怪しい天候になってきた
怪しい天候になってきた


実は、米子空港に差し掛かったところで
またまた飛び立とうとしている飛行機に遭遇

もしかして・・・と思って、離陸シーンを待っていたのだが
前回と同じく反対側へ飛び立たれてしまった・・・

うーん、なかなかタイミング良くは行かない物だな(^^;

このまま境港まで行ってしまうかどうか悩んだのだが
途中で公園を発見

その名は「竜ケ山公園」だ


竜ケ山公園
竜ケ山公園


中に入って見ると、なんと紅葉が残っていたのである

エライぞ!竜ケ山公園!!


紅葉が残っていた
「紅葉が残っていた」2009/12/6 from 竜ケ山公園
by Nikon D300 AF-S DX VR 18-200mm F/3.5-5.6G


まぁ、見ごろとは言えないが
12月にこれだけ紅葉が残っているのはチョット驚きであった
(思わず撮影)


D3C_6204-s.jpg


D3C_6206-s.jpg


天気が悪いせいか、公園の中にはほとんど人がいない
(ジョギングをしている女性が一人いたが)

公園の中には休憩所があったので
そこでソロクッカーセットを取り出す

昼に喫茶店で食事をした時に、あえて食後のコーヒーを頼まなかったのは
この計画があったからなのだよ(笑)

お約束の中森明菜のDESIREを思い出しながら
コーヒーの準備に取りかかる
(詳細は「良い子のコーヒーの入れ方手順」を参照)



お約束はDESIRE
「お約束はDESIRE」2009/12/6 from 竜ケ山公園
by Nikon D300 AF-S DX VR 18-200mm F/3.5-5.6G


実際に出先でコーヒーを入れるのは初めてだったが
これはウマイ!!

自宅の庭で入れた時の100倍はウマく感じたゾ

やはり人間の味覚は気持が重要なのだな(笑)

まぁ、身体が冷えていたので、
温かい飲み物が身にしみたという事もある

さぁ、身体も暖まったので
元気を出して出発だ!!

公園内をF20Rを引いて出ようとした時である・・・
前輪に何かドロのようなものが付いているのに気が付いた

あぁ、泥濘の上を通ってしまったか

幸い公園の中には落ち葉が沢山落ちていたので
その葉でタイヤのドロを落として見る

ん?
ドロにしては、かたまり感があるな?

こ、こ、こ、これは
も、も、もしかしてウン○ではないか!!???

ちなみに○に入る一文字は、その粘着性により
カ行の場合とタ行の場合があるが、

感覚的にはタ行の文字であった

まぁ純粋なタ行ではなく、カ行に近いタ行であったのは不幸中の幸いであったが・・・
(自分で書いていて訳が判らなくなってきた(^^;)

それでも、良く見れば前輪のフォークの隙間ブレーキの間にも付いているし
もう少しで無人の公園内に

悲鳴が響くところであったゾ

(グっとこらえたのは大人の証だ)

また、気が付くまでブレーキを掛けていなかったので
ウン○がブレーキで押しつぶされる最悪の事態は免れていたのは幸いであった

結局、その場で落ち葉や枯れ枝でウン○を駆逐するという応急手当をして、
大急ぎで帰路につくことにした
(暗くなると、F20Rの掃除が大変だからな)

まぁ考えようによっては「今日は運が付いたというオチでも良いかな」
なんて

ポジティブシンキング

をしていたのだが
帰りの弓ヶ浜自転車道が途中で工事中だという「不運」を体験したので
その考えはキッパリ捨てることにしたのだよ(^^;
(その為、途中から再び県道47号で帰ることになった)

この県道47号であるが、北上する時は気が付かなかったのだが
米子方面に向かう場合(左側は内陸側になるのだが)歩道の段差が激しい
(ガクンガクンしながら走ることになる)

これって、まったく自転車が通ることを想定していない道だな・・・

そして少し恐れていたのだが、左足に違和感を感じ始める
(考えてみれば、今日は特訓のつもりだったな)

結局、再び米子港で休憩
少しブルーな気分で中海を眺める

どれくらい眺めていたのであろうか、
最初は空模様が怪しかったが、風が強い為、雲が流されも出てきた


雲の隙間
雲の隙間


気が付けば、おじいさんと孫娘であろうか
老人と小さな子供が散歩していた

子供はカモメが気に入ったらしい
(追いかけまわしている姿がとても可愛らしかった)


カモメと少女
カモメと少女


相変わらず、風は強く、空は暗めだったが
少女のお陰で、最後は良い気分になれたな

名も知れぬ少女感謝である


光る中海
「光る中海」2009/12/6 from 米子港
by Nikon D300 AF-S DX VR 18-200mm F/3.5-5.6G



P.S.
家に帰ってからウンの処理をしたのは言うまでもない
これでウンが上向きになれば良いな(笑)

P.S.のP.S.
この日の走行距離は40.1kmであった

スポンサーサイト


コメント

  1. ゆるポタ | URL | GwI18cS2

    Re: ウンが付いた日(その2:竜ケ山公園~米子港編)

    だいたいは想像していましたが(笑)お気の毒でした(^_^;
    私も1度だけ経験しましたが(笑)運は良くならなかったですね(爆)

    冬は寒いですが、「雲の隙間」とか「光る中海」のような、良いシーンにも
    巡り合えます。
    しかし、庭でわざわざ珈琲を淹れておられたとは^^;

  2. いつか見た風景 | URL | mQop/nM.

    Re: ウンが付いた日(その2:竜ケ山公園~米子港編)

    ゆるポタさん、こんにちは

    あはは、タイトル的にネタばれすぎますよね(^^;
    2回にも分けて引っ張るほどの事ではありませんした(笑)

    ソロクッカーセットは買ったらすぐにブログ用に撮影したので
    初回が庭での使用だったのですよ(^^;

    庭だと気分が盛り上がらないので
    その時の味はソコソコでした(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itukamita.blog114.fc2.com/tb.php/94-5b81274c
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。