スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチ中海周回作戦(その2:大根島~本庄地区編)

2009年12月30日(水)


京島を望む
「京島を望む」2009/12/27 from 美保関八束松江線
by Nikon D300 AF-S DX VR 18-200mm F/3.5-5.6G


昼食も終わり、元気モリモリでの再出発だ

やはり

うなぎの力は偉大である

ちょっとサイフは軽くなったけどな

勢い良く海岸線に出るが、残念ながら途中から護岸工事だらけであった
もっとも道は普通に通れるのだが、見晴らしが今一だな・・・

内陸側には相変わらず竹で組んだ防風柵が並ぶ
全部合わせると相当な数だ


防風柵群
防風柵群


しばらく進むと、大根島と松江を結ぶ県道338号(美保関八束松江線)に合流
ここは大変長い直線道路で、道幅が狭いのに結構車のスピードが出ている場所である

車に引っかけられたら最後だゾ

気を付けて進もうと思ったら、道の反対側に何やら鳥居のある島を発見
へぇ、こんな所に島があったんだな


鳥居のある島発見
鳥居のある島発見


今まで、まるで意識したことがなかった
どうも京島というらしい

気が付いたらすぐに止まって撮れるのが、フォタリングの良いところだ^^
(チョロQの旅だとこうは行かない)


京島を眺めながら休憩
京島を眺めながら休憩


その後、全速力で県道338号の直線道路を進み大海崎橋を渡る
(少しでも早く恐い場所を抜けたかったのだよ)

無事、松江市大海崎町に上陸だ(笑)

この辺りはラムサール条約湿地で鳥獣保護区に指定されているそうだ


鳥獣保護区の看板
鳥獣保護区の看板


その後、県道260号(本庄福富松江線)を通り本庄地区

本庄地区には、宍道湖・中海の淡水化事業で一時干拓の為に堤防が造られたが
その後の淡水化事業の中止に伴い、堤防が開削されている

はたしてどれ程経てば、豊かな汽水域は取り戻せるのであろうか
やはり美しい自然は後世に残したいものだ

途中で田に水が張ってある?場所を発見
これって何か作っているのか?


これは作っているのか?
これは作っているのか?


県道260号を進んでいると本庄川を横切る
どうもこういう川を見ると寄り道したくなるのだな(笑)


本庄川沿い
本庄川沿い


その後、国道431号に合流、美保関側に戻ることになる
途中で道の駅があったので休憩

丁度道の駅の反対側が、中海の見晴らしが良くなっている


遠くに江島大橋が見える
遠くに江島大橋が見える



とても良い天気になった
とても良い天気になった


国道431号は交通量が多く道幅もそんなに広くないので、
ドキドキしながらの走行になる

特に松江から美保関に向かう場合は
左側には歩道帯も無いので逃げ道はない

こういう道を走ると、
やはりヘルメットが欲しくなるな(^^;

そんな事を考えていたら、スタート地点の美保関運動公園が見えてきた
あれ?思ったよりも早く着いたな・・・

サイコンを見たら30.1kmの旅であった
大根島で寄り道しなかったら(迷子を含む)おそらく1周は26~7km程度の距離であろうか

まぁ、天気も良く風も無かったので
12月のフォタリングとしては最高の日だったと思う

今年最後に命の洗濯が出来たぞ^^


12月と思えない日和
「12月と思えない日和」2009/12/27 from 国道431号横
by Nikon D300 AF-S DX VR 18-200mm F/3.5-5.6G


P.S.
年末だったので、その後あわてて帰宅したのであったヨ
やること一杯あるしな(^^;
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itukamita.blog114.fc2.com/tb.php/97-3cce3901
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。